ダンジョン飯が面白い!!

最近発売された漫画「ダンジョン飯」の1巻ですが、Amazonのおすすめ商品に上がっていて、気になっていたけどスルーしかかっていましたが無性に読みたくなってしまい、ギフト券のポイントが余っていたのと安いのとでKindle版をポチって読みました。

すごく面白い!!

ウィザードリィなどに代表されるダンジョンRPGの世界で、とある理由から自給自足を余儀なくされた主人公ライオス一行が、ダンジョンで出くわす様々なモンスターたちを倒しつつ調理して食べるというダンジョン系ファンタジーグルメ漫画ともいえる内容です。

スポンサーリンク

特に面白いのは、ファンタジー世界の食材を特定のリアル食材を想起するような表現をしているので味のイメージがしやすいところで、食べているシーンが美味しそうなのでこっちも食べたくなってきます。

パーティのメンバーも上手に構成されていて、全員違った役割があって面白いんですが、特にエルフの魔法使いマルシルが回復系の魔法が苦手なことがひとつのポイントだと思いました。
内容については触れませんが、この特徴が効いてくるエピソードがあり、思わずニヤリとしてしまいました。

ダンジョンやモンスターなどの設定も、かなり練られていて感心させられました。

久しぶりに心の底からワクワクする漫画に出会った感じがして、続きがとても楽しみです。
ファンタジーRPGとグルメが好きな方はぜひ読んでみてください!!

書いていたら、お腹が減ってきました。

コメント

トップへ戻る