現状に点数を付けて上を目指す

コーチングに限らず、今の状態に点数を付けて、そこからどうするか決めることも役に立ちます。やり方を下にまとめました。

スポンサーリンク

1.まず今の状態または状況に点数を付ける

・10点満点で何点?
・5段階評価でいくつ?

応用編として相手が理解できるなら、下のような感じで聴くのも良いでしょう。
・ドラクエでたとえると、今のレベルは?
・7つで願いが叶うとすると、ドラゴンボールはいくつ持ってる状態?

2.付けた点数をどうするか決める

・今の点数から何点にしたいかを聴く
・満点以上を目指すことを提案する

3.舵取り

・点数を目標まで上げるにはどうしたら良いかを見る
・足りていない点数の分は何なのか、どこにあるかを見る
・目標の点数になっているとしたら、どうなっているかを見る

具体的な例

相手:読みたい本がたまっていて、中々進まないんですよね。
自分:読書が進まないんですね。今の状態を10点満点で表すと何点ですか?
相手:5点です。
自分:5点なんですね。今の気持ちは?
相手:集中できれば読める気がするので、もどかしいです。
自分:もどかしいんですね。これから5点を何点にしたいですか?
相手:せめて8点にはしたいですね。
自分:どうせなら8点と言わず10点満点を目指しませんか?
相手:そうですよね。やるからには10点にしたいです!
自分:10点になっているとしたら、何が見えますか?
相手:そうですね…沢山読んで、ブログをバリバリ書いています!
自分:お~!ブログをバリバリ書いているんですね。どんな気持ちで書いていますか?
相手:すごくノッていて気持ちいいです!
自分:すごくノッているあなたは、その気持ちでこれからどうしますか?
相手:そうだ!通勤時間に音楽を聞かずに、読書に集中してみます!
自分:いいですね!次にお話するときに5点が何点になったか、教えて頂けますか?
相手:わかりました。10点目指してやってみます。

 

このように、今の状態に点数を付けてから上の状態を目指すと、どうしたら良いかが見えてきます。

上の例では何点にしたいか聴いてから、さらに満点を目指すようにハードルを上げています。
また、例にもあるように結果として何点になったか確認できるとさらに良いと思います。

コメント

トップへ戻る