確認と許可取りで物事を円滑に進める

コーチングではセッションの途中に意見を言ったり、要望するときなどコーチングの原則的なことから逸脱する場合や、セッションの内容を公開したいときなど守秘義務に反するような場合、クライアントに許可を取ります。

スポンサーリンク

許可を取るときの流れは下のようになります。
確認する→許可を取る(OK/NG)

例えば要望する場合「お願いがありますが、よろしいですか」と確認し、「いいですよ」と了承された場合に要望の内容を言います。
相手の答えがOKの場合は実行し、NGの場合はやめておきます。

コーチングに限らず、日常のあらゆる場面において、自分の行為が相手に影響を与える場合や、やって良いか悪いかの判断がつきにくいときなどはなるべく確認し、許可を取ってからやった方が良いと言えるでしょう。

円滑な関係を作るのに大変役に立ちますので、気をつけてみてはいかがでしょうか。

コメント

トップへ戻る