開いた聴き方「拡大質問」|株式会社自由の森

開いた聴き方「拡大質問」

よくコーチングの本などで「拡大質問」という言葉が出てきます。

拡大質問は開いた質問(オープンクエスチョン)とも言われています。
開いた質問があるように、閉じた質問(クローズドクエスチョン)もあります。

スポンサーリンク

具体的には聴かれたことに対して「はい」「いいえ」で答えられるかどうかで考えると良いと思います。
「質問」というと堅苦しいので、「聴き方」と置き換えても良いでしょう。

「はい」「いいえ」で答えられる:(答えが2つに決められいて)閉じた聴き方
「はい」「いいえ」で答えられない:(答えが決められていない)開いた聴き方(拡大質問)
ここで、閉じた聴き方と開いた聴き方の違いを例を挙げて見ていきましょう。
「相手が頼んだことをやらなかった場合」に二つの聴き方を考えます。

・「やってくれなかったよね?」:閉じた聴き方
・「やってくれなかったのは、どうして?」:開いた聴き方(拡大質問)

上の閉じた聴き方は「はい(そう)」「いいえ(違う)」で答えられる上、この場合では「はい」と答えるしかありません。
聴いている人が自分の思いや考えを中心にして、相手を問いただしているようにも感じます。
また、ただ聴いてその後に何もなく終わってしまいます。

下の開いた聴き方(拡大質問)では相手が考えて「忘れていた」「忙しくてできなかった」などと答えるでしょう。
聴いている人も答えに対して「忘れないようにするにはどうしたらいい?」「忙しかったんだ、大変だね」などのやり取りができるので、対話が次につながる聴き方と言えます。
ただ、閉じた聴き方が良くないと言うわけではなく、ピンポイントで知りたいことを確認ができるので状況によって使い分けると良いと思います。

まとめると下のようになります。
閉じた聴き方=自分の思いや考えを問いただしたり、相手に状況を確認する
開いた聴き方=相手の考えや気持ちを聴いていく

拡大質問(開いた聴き方)で相手の思いや考えを聴き、対話をつなげていきたいものです。

しっかり聴くためには以前の記事「結果にこだわらず、信じる」にも書きましたが、相手を信じて受け入れる姿勢も大切だと思います。

自由の森では、コーチングを行う際に参照できる、コーチング質問集を無料で公開しています。コーチングの練習やセルフコーチングにぜひご活用ください。質問集を見る
スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェア!

フォローして最新情報をゲット!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
トップへ戻る