ブログ

自由の森のブログです。コーチングに限らず、日々思ったことや感じたこと、行動記録や備忘録など、自由気ままに書いています。

コメント大歓迎!ご感想やご質問・記事のリクエストなど、何でもお気軽にお寄せください。

カテゴリーごとの目次はこちら

コーチング

コーチングの流れ

今までスキルやツールについて紹介してきましたが、今回はコーチングで行うセッション(話し合い)の大まかな流れについて説明します。 1.主題(テーマ)を決める まずは、話したい主題を決めてもらいます。 ・お話ししたいことはあり...
コーチング

次につなげる問い「設問」

設問とは字が示していますが「問いを設ける」、言い換えると「用意された質問」です。 コーチングでは主にセッションの最後に投げかけて、次回までの宿題にすることが多いです。 話の内容(テーマ)が重い、あるいは難しいもので、答えを出すまでに...
コーチング

代表システムとVAKモデルで優位な感覚を知る

これは、NLP(神経言語プログラミング)で提唱されている考え方です。 我々は生きて行く上で視覚(Visual)、聴覚(Auditory)、触覚(Kinestic)、嗅覚(Olfactory)、味覚(Gutatory)の五感を用いていま...
コーチング

話を核心に戻す「中断」のやり方

今回は「中断」についてご紹介します。 信じられないかも知れませんが、コーチングの途中で相手の話をあえて中断することがあります。しかしながら、人の話をさえぎることはあまり良くないことに思えますよね。 それでは、どんな場合に...
コーチング

自分を止める「サボタージュ」の対処法

今回は「サボタージュ」についてです。 「サボる」の語源の言葉ですが、元々はフランス語で、サボタージュ(Sabotage)は労働上の「破壊活動」「妨害活動」といった意味です。 コーチングでのサボタージュは、タイトルにあるように自分を止...
コーチング

あり方を形作る「価値観」

コーチングでは価値観を扱うことがありますが、価値観とはその人が価値を感じる「何か」です。 やり方・あり方の記事で紹介した、あり方(Being)を形作るものとも言えるでしょう。 したがって、やり方(Doing)を決める大もとになるもの...
コーチング

「想いを掘り下げる」ことで行動につなげる

コーチングでは、想いを掘り下げて行動へ移す足がかりにします。 ここで取り上げる「想い」とは「思考と感情(考えと気持ち)」のことです。 なぜ想いを掘り下げる必要があるかと言うと、問題や状況より、本人がどう思うか、どう感じるかが大切だか...
コーチング

気持ちを高める「最高の瞬間」を知ることで行動に結びつける

今回は強力なツールをご紹介します。 気持ちが高まってテンションが上っているときは、何でもやれそうな感じがしませんか? これをコーチングに応用したものです。 どうやるかと言うと、タイトルにあるように「最高の瞬間」を聴きます。聴き...
コーチング

「視点を変える」ことで行き詰まりを脱出

コーチングで扱う視点とは「ものの見方」です。言い換えると「物事をどうとらえているか」ということです。フレーム(枠)とも言います。 視点を変えることで、悩みや問題を抱えて行き詰ったり、仕事がうまく進まなくて煮詰まっているとき、いわゆる「...
コーチング

高いところから眺める「俯瞰」で現状を打破

俯瞰(ふかん)とはタイトルにある通り、「高いところから眺めること」です。 私たちは常に何かに追われていることが多く、つい足元や周囲の状況だけを見てしまいがちです。そこで、時には高いところから全体を見通すことによって、違うものが見えてき...
スポンサーリンク
トップへ戻る