ブログ

自由の森のブログです。コーチングに限らず、日々思ったことや感じたこと、行動記録や備忘録など、自由気ままに書いています。

コメント大歓迎!ご感想やご質問・記事のリクエストなど、何でもお気軽にお寄せください。

カテゴリーごとの目次はこちら

コーチング

核心に迫る質問のフレーズ・その2「何~?」

前の記事で核心に迫るフレーズとして「どう~?」を紹介しましたが、もうひとつ良く使うフレーズがタイトルにある「何~?」です。 これを使うと、簡単に核心に迫る拡大質問を作ることができます。 質問の例 ・うまくいかなかった原因に何が...
コーチング

核心に迫る質問のフレーズ「どう~?」

前回の記事では開いた聴き方「拡大質問」について書きました。 今回は拡大質問が簡単にできるフレーズの紹介です。 タイトルに書いてあるとおり、「どう~?」というフレーズを使います。 「○○+どう?」「どう+□□?」という形で聴くと、開...
コーチング

開いた聴き方「拡大質問」

よくコーチングの本などで「拡大質問」という言葉が出てきます。 拡大質問は開いた質問(オープンクエスチョン)とも言われています。 開いた質問があるように、閉じた質問(クローズドクエスチョン)もあります。 具体的には聴かれ...
コーチング

結果にこだわらず、信じる

コーチングをやっていく上で「相手の出した結果にこだわらず、相手を信じること」も大切だと考えています。 具体的には、相手に「○○をやって欲しかった」「××しなかった」等の結果に対するこだわりを手放すと言うことです。 「こだ...
コーチング

本質を受け入れる「承認・認知」

今回も前回に引き続きコーチングのスキルを紹介します。 タイトルにもあるように本質を受け入れて相手に返す方法(スキル)です。 コーチングの言葉では「承認」とか「認知」と言っています。 承認や認知というと何だか偉そうで抵抗があ...
コーチング

鏡のようにそのまま伝える「反映」

今回から日常でも役に立つコーチングのスキルを紹介しようと思います。 相手が自分の状態を把握し、テンションがより上がったり、下がったりする方法(スキル)です。 コーチングの言葉で「反映」と言いますが、鏡が姿を映し出すように相手...
コーチング

コーチングのスキルについて

本当は今回からかなり役立つコーチングのスキルについて紹介しようと思いましたが、スキルの乱用やスキルに頼り過ぎることを避けるために、一度考えて頂きたいと思い立ってこの記事を書くことにしました。 コーチングのスキルとは何か コーチン...
コーチング

傾聴のレベル3段階

傾聴とは、コーチングの土台となる重要なスキルです。 簡単に説明すると、自分のことは置いておいて、相手に焦点を合わせ、五感をフルに使って相手の話を聴くことです。 傾聴には、あまりよく聴けていないレベル1から、とてもよく聴けているレベル...
コーチング

傾聴について~Part2~

以前の記事「傾聴について」では「五感をフルに使う」と書きました。特に相手と対面している場合では、聴くだけでなく見ることも重要です。さらに進んで、想い(思考と感情)を読み取ることも必要です。そこで今回は傾聴を3つに分解して、段階的に説明します...
コーチング

話しやすい雰囲気づくりで連絡をスムーズに

あなたが主に仕事中に話を聴いているときに「話をしてくれないな」と感じたことはないでしょうか。逆に、人に話をしているとき、「聴いてくれないな」と感じたこともあると思います。また、友人とはうまく話せていても、職場ではうまくいかないと感じているか...
スポンサーリンク
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました