ブログ

自由の森のブログです。コーチングに限らず、日々思ったことや感じたこと、行動記録や備忘録など、自由気ままに書いています。

コメント大歓迎!ご感想やご質問・記事のリクエストなど、何でもお気軽にお寄せください。

カテゴリーごとの目次はこちら

スキル

コーチング

高いところから眺める「俯瞰」で現状を打破

俯瞰(ふかん)とはタイトルにある通り、「高いところから眺めること」です。 私たちは常に何かに追われていることが多く、つい足元や周囲の状況だけを見てしまいがちです。そこで、時には高いところから全体を見通すことによって、違うものが見えてき...
コーチング

ハードルを上げて「挑戦」を促す

コーチングでは何かやってもらうことを提案するときに、あえてハードルを上げて挑戦してもらう、といったことをやります。一歩踏み出すのにためらっていたり、できそうな事をやっていない場合などに有効です。 実際には相手に「ウワ~っ!」と...
コーチング

前向きになる「仕組み」を作る

コーチングではやりたいことを継続的に行って習慣にするために、前向きになる仕組みを作る、ということを良くやります。 仕組みを作り、「やる」と決意したときの気持ちを思い起こすことによって、想い(気持ちや考え)をコントロールしたり、行動に移...
コーチング

確認と許可取りで物事を円滑に進める

コーチングではセッションの途中に意見を言ったり、要望するときなどコーチングの原則的なことから逸脱する場合や、セッションの内容を公開したいときなど守秘義務に反するような場合、クライアントに許可を取ります。 許可を取るときの流れは...
コーチング

核心に迫る質問のフレーズ・その2「何~?」

前の記事で核心に迫るフレーズとして「どう~?」を紹介しましたが、もうひとつ良く使うフレーズがタイトルにある「何~?」です。 これを使うと、簡単に核心に迫る拡大質問を作ることができます。 質問の例 ・うまくいかなかった原因に何が...
コーチング

核心に迫る質問のフレーズ「どう~?」

前回の記事では開いた聴き方「拡大質問」について書きました。 今回は拡大質問が簡単にできるフレーズの紹介です。 タイトルに書いてあるとおり、「どう~?」というフレーズを使います。 「○○+どう?」「どう+□□?」という形で聴くと、開...
コーチング

開いた聴き方「拡大質問」

よくコーチングの本などで「拡大質問」という言葉が出てきます。 拡大質問は開いた質問(オープンクエスチョン)とも言われています。 開いた質問があるように、閉じた質問(クローズドクエスチョン)もあります。 具体的には聴かれ...
コーチング

本質を受け入れる「承認・認知」

今回も前回に引き続きコーチングのスキルを紹介します。 タイトルにもあるように本質を受け入れて相手に返す方法(スキル)です。 コーチングの言葉では「承認」とか「認知」と言っています。 承認や認知というと何だか偉そうで抵抗があ...
コーチング

鏡のようにそのまま伝える「反映」

今回から日常でも役に立つコーチングのスキルを紹介しようと思います。 相手が自分の状態を把握し、テンションがより上がったり、下がったりする方法(スキル)です。 コーチングの言葉で「反映」と言いますが、鏡が姿を映し出すように相手...
コーチング

傾聴のレベル3段階

傾聴とは、コーチングの土台となる重要なスキルです。 簡単に説明すると、自分のことは置いておいて、相手に焦点を合わせ、五感をフルに使って相手の話を聴くことです。 傾聴には、あまりよく聴けていないレベル1から、とてもよく聴けているレベル...
スポンサーリンク
トップへ戻る