ミニトマト収穫・原神:ガチャと七聖召喚・500本目

駄散文
スポンサーリンク

ミニトマト収穫

今日はベランダのプランターで育てているミニトマトの実が結構な数になったので、収穫して頂きました。

今年は4月に昨年から育てていた株が全滅して、小さな芽から育った株が成長して実を付けるまで時間がかかったので、これが初収穫となりました。天然でドライトマトになっているものや、実割れしているものも勿体ないので使いました。

収穫後のプランターですが、まだ実が付いていてさらに収穫できそうです。

早速調理しましたが、ミニトマトをパスタのソースに使う場合は、ヘタのところから十字に切るとまな板でバラけずに扱いやすいことに気づきました。

ニンニクをスライスしてオリーブオイルで炒め、香りが立ってきたらミニトマトを加えて、ターナーで潰して水分を飛ばしていきます。鶏がらスープの素小さじ1弱で味付けして煮詰めたら、茹でたスパゲティと絡めてできあがりです。

ミニトマトのスパゲティを作る時、いつもは味付けにアンチョビを使っていましたが香りと味が強すぎるのが気になっていて、最近鶏がらスープの素が野菜を炒めるときに程よい味付けになることに気づいたのでやってみたところバッチリだったので、このレシピの完成を見たんじゃないかと思います。皮のところが味が濃くてすごく美味しいです。

原神:ガチャと七聖召喚

今日は原神のデイリー任務と今日から始まったイベント「迷城戦線」の報酬で石が10個貯まったので、即ガチャを10連回しました。

放浪者(CV.柿原徹也)はまだ来ませんでしたが、煙緋(CV.花守ゆみり)とファルザン(CV.堀江由衣)の星4キャラ2人同時ゲット!

煙緋がついに完凸になりました。やった!

水曜から実装されたカードゲームの「七聖召喚」では、溜まり場のキャッツテールにゲストが週4人来るようですね。今日はランク4まで上がり、ランク5の直前まできました。今週はこれで打ち止めみたいなので続きはまた来週になりそうです。

ランク4の酒場挑戦では、デットエージェントをゲットしました。

ここまでディルック・フィッシュル・スクロースでデッキを組んでいてずっとこの編成で戦ってきましたが、全員熟練度10にしないと天賦カードの幻影カードスキンが手に入らないので、コンプリートのためには異なるキャラでデッキを組まないとダメみたいです。これを知らずに熟練度が39になってしまいました。

今後は違うキャラでデッキを組んで熟練度を上げていきます。

先ほど、公式サイトの七聖召喚のページを確認してみたところ、ハンドブックの任務で報酬がゲットできるようなのでやってみます。

原神——冒険に満ちたブランニューワールドへ
オープンワールドRPG『原神』。本作であなたは旅人となり「テイワット」という幻想世界を冒険していく。この広大な世界を自由に旅し、個性も能力も豊かな仲間たちと共に強敵を打ち倒して、生き別れた兄妹を探そう。もちろん、目的もなく好奇心のまま探索したり、大陸に散りばめられた謎を解いたりと楽しみ方はあなた次第……生き別れた兄妹と...

500本目

昨年7月に書籍「ライティングの哲学」を読んでから始めたこの駄散文の記事ですが、ついに本日500本目に到達しました!

以前から決まったテーマで文章を書くことが苦行に感じられていて、特にコーチングのブログ記事はネタも書き尽くしている感があってそうそう出せないのと、内容の精度を落とさないことに腐心していてかなり疲弊していました。

そこで、書くことの楽しさを思い出すのと、日常的に決まった文字数を書くことでもっと楽に書けるようにと思って、500日間ほぼ毎日1500文字の文章を書く練習をやってみました。

書き始めた当初は1時間~1時間半くらい掛かっていましたが、最近では調子がいいと40分くらいで1500文字書き終わります。おそらく物理的にタイピングのスピードが上がったのと合わせて、文章を組み立てるスピードが上がっていると考えています。

日記形式の散文の場合は、論理の整合性などもあまり気にせずに時系列にダーッと書けばいいので、全然迷わなくなりました。どうしてもネタがないときはその場その場で気になっていることへの感想などを書いてなんとかしのぎました。

500日×1500文字=75万文字以上書いている計算になりますが、改めて数字を出してみると我ながら結構すごいですね。

今後はTwitterやInstagramなどSNSを頑張る予定なので、ブログは買ったものや読んだ本の感想などをぼちぼち書いていこうと思います。

駄散文
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事が面白かったらフォローお願いします!
株式会社自由の森

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました