Steamで初購入・言語解読ゲーム”7 Days to End with You”

駄散文
スポンサーリンク

PCのゲームプラットフォームの”Steam”で、昨日初めて下のゲームを購入しました。

Steam:7 Days to End with You
このゲームは、言語を推理して、物語を読み解く全く新しいジャンルのパズル&ノベルゲームです 物語はたった7日の短い物語です 物語は7日で終わりを迎えます 早ければ5分以内に観測することができる短い物語です その短い物語を、貴方の手で解読してみてください

これまでも、Steamでは無料のゲームを何本かダウンロードしてプレイしていたんですが、課金して購入するのは初めてです。

とは言えAmazonを始めとする他のECサイトと同様、クレジットカード情報とその他個人情報を入力するだけでしたが、名前はアルファベットなのに住所は日本語でいいのかなどと思いつつ、何事もなく購入できたので特に問題ありませんでした。

これで次回からAmazonみたいに簡単にゲームをオンラインで購入できるようになったので、気になるゲームをバンバン買ってしまいそうです。ただし、Steamは季節ごとにセールをやっているので、どうしてもプレイしたいビッグタイトルを除き、基本的にはセールのときを狙って買うスタンスになります。

ここ数年の傾向として、Horizonの続編やエルデンリングなどビッグタイトルのゲームはPS4やSwitchなどのコンソールだけでなくPCで、つまり主にSteamでもリリースされます。したがって、今からならPS5を買うよりも同じ予算でPCをアップグレードしたほうが将来的にも妥当な選択になると、PS5を入手できなかった負け惜しみも込みで考えています。

とりあえずこれで先鞭をつけることができたので、あとはやりたいゲームを買ってプレイしまくるのみ!

言語解読ゲーム”7 Days to End with You”

1ヶ月ほど前、私の大好物の解読がテーマのゲーム”7 Days to End with You”を発見したものの、購入時の登録が面倒だったので伸び伸びになってしまいましたが、上記の通りようやく購入しました。

内容は女の子と言葉を交わすけど、最初は何を言っているのかわからないので、状況から文字と単語を解読しながら言葉を推測して進めていくようです。公式Twitterの動画で雰囲気がわかると思います。

こんなゲームが出るのを待っていました!

5年前にドラクエXIで世界の隅々まで味わいたいと思って文字を解読して以来、ゲームやアニメの文字解読が好きになって、気になる作品の解読をちょくちょくやっています。

下はドラクエXIの文字も解読したときに作った表で、ドラクエXオンラインを始め、ドラクエウォークなど近年の作品ならこの表で読むことが可能です。

余談ですが、ドラクエXやXIの呪文のエフェクトも「ザキ」と「ザラキ」あるいは「ザオラル」と「ザオリク」などで、飛んでくる呪詛や魔法陣の文字が違ったりして、そういった細かいところも作り込まれていることを知って感動しました。

友人にもオススメされていたので早くやりたいと思っていたんですが、原神がアップデートからずっとコンテンツてんこ盛りで割と忙しく、最近ようやくイベントが終わって落ち着いてきたのでこのタイミングになりました。

また、同じ友人からこのゲームの配信だったら観たいという言葉も頂いたので、昨日毎日の日課になっている原神の配信後、配信ソフトのOBSの設定をしたら、元の原神の配信設定が変わってしまいメチャクチャになりかけました。焦って調べてみたら、プロファイルとシーンを別に設定することで、元の設定を流用しつつ、PCというか”7 Days to End with You”で配信する設定を作ることができました。

最初ウィンドウが端に寄ってしまって配信するときに見栄えが悪かったんですが、調べたところ、ソースの右クリックから変換で中央に寄せることができました。これは忘れてしまいそうなので、別記事に書き直すかもしれません。

1時間近くかかって何とか配信の設定もできたみたいなので、あとはYouTube側でカテゴリーを分ければOKのようです。Twitchはチャンネルを別に登録する必要があるみたいなので、当面YouTubeで配信しようと思います。

日時などが決まったら、またこのブログかSNSで告知するので、興味のある方はご視聴よろしくお願いいたします。

自由の森
自由の森の公式YouTubeチャンネルです。 ゲーム配信をしつつ雑談をしながら、たまにコミュニケーションの相談に乗ったりします。

 

駄散文
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事が面白かったらフォローお願いします!
株式会社自由の森

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました