信用を得るには自己開示が大事|株式会社自由の森

信用を得るには自己開示が大事

コーチングでは「協働関係」といって、クライアントとお互い率直に本当のことを言える関係を築くことが望ましいと言われています。コーチングに限らず、人と関わるときに信用や信頼を得るためには「自己開示」が大切です。

スポンサーリンク

自己開示とは読んで字のごとく「自己を開き、示すこと」です。
「自分がどういう者か相手に伝える」と言っても良いでしょう。

例えば初対面の人と接しているときに、もし相手が自分のことを明らかにせず、どういう人かわからない場合には、こちらも警戒して心を開かないのではないでしょうか。
相手がどういう人かわからない時は、逆に自分のことを積極的に伝えてみると良いでしょう。

・好きなことや趣味
・仕事や年齢(差し支えない程度に)
・住んでいる場所や出身地
・休日の過ごし方
・家族やペットのこと

意外なところで相手との共通点があるかも知れません。
また、自分から話したことを相手に聞いてみるのも良いと思います。

私は初対面の方でも、自分のことについて聞かれたことにできる限り正直に話すようにしていますが、不利益を被ったことはまずありません。
お互いに腹を割って自分を出し合うと、すぐに打ち解けることができます。

自己開示が信頼関係を早く築くコツだと思いますので、あなたもぜひ自分のことを相手に伝えてみてはいかがでしょうか。ただし、自分のことばかり話していると嫌われますので、相手のことも興味を持って聞いてみてください。

自由の森では、コーチングを行う際に参照できる、コーチング質問集を無料で公開しています。コーチングの練習やセルフコーチングにぜひご活用ください。質問集を見る
スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェア!

フォローして最新情報をゲット!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
トップへ戻る