コバエ・漫画・通院・父の熱中症

駄散文
スポンサーリンク

コバエ発生

コバエが発生してヤバい状況だったので、放置気味だった生ゴミを捨てました。月曜に最近のコバエ発生率があまりにも多いと思って麺つゆトラップを作って設置したら、20匹位入っていてビビリました。発生源は生ゴミとわかっているので、まとめて捨ててきました。

ついでに部屋のゴミもいくつかまとめて大きなゴミ袋にいれて縛ったら、何かがブンブン飛んでいたような気がしますが、見なかったことにして捨ててきました。申し訳ないけど、残らず焼かれて成仏してください。

監督不行届

シン・エヴァンゲリオンを劇場で観てからポチったのを忘れかけていた、安野モヨコさんの「監督不行届」を読みました。ちょうどエヴァ旧劇場版と新劇場版の間の庵野秀明監督との出来事を、面白おかしく描いています。

モヨコさんがオタクをウォッチして面白がるはずが、いつの間にかオタクとして取り込まれているのが、ミイラ取りがミイラになるようで最高に面白いですね。徐々に周りの目を気にしなくなったり、気づいたらアニソンを口ずさんでいたり、オタクあるあるで笑いました。

私もある日、昼間外を歩いていて日差しが眩しかったので(眩しい)と思った瞬間、脳内で「まっぶしいそ~ら~を~」と勇者ライディーンの曲が再生されたので、これはヤバい!と思ったことがあります。

せんせいのお人形7巻

読書猿さんおすすめだったので読み始めた「せんせいのお人形」ですが、8巻完結のもう7巻目です。

主人公スミカが昭明への想いに気づいて、さあどうしましょうというところですが、此処から先はネタバレになるので読んでください。

個人的にはスミカが学ぶことの本質に気づく2巻がクライマックスで、読書猿さんが激推しなのが良く分かります。これは感動して泣きます。それから先はスミカの成長を見守る感じです。そういえば途中からスミカ目線と昭明目線の入れ替わりがなくなりましたね。

通院

月に1度の通院日でした。といっても、軽く問診を受けて薬を処方してもらい、薬局で購入するだけの簡単なお仕事です。それにしても今日は暑かったので、早めに出て自転車でゆっくり行きました。

いつものように受付で保険証と診察券を出して待っていたら、時間前に呼ばれたので何かと思ったら、保険証の期限が切れているとのことでした。そういえば1ヶ月ほど前に書留だかの不在票が入っていて、放置してしまったけどアレは保険証だったのかと気づいた次第です。今日はそのまま診察できるけど、次回は必ず持ってくるようにとのことでした。

区役所に取りに行く必要があるので、会場が近いので2回目のワクチンを打つ日に行ってきます。

父が熱中症になりかけた

我が家では毎週金曜の午前中に1週間分の食料を買い出しに、車で近所のOKストアに行きます。今日は父の運転がおぼつかいというか、アクセルが踏み込めていないようで、ノロノロと走っていました。いつもと違っておかしいけど大丈夫か聞いたら大丈夫だと言うので、そのまま走り続けようとしましたが、やっぱりおかしい。

信号待ちで止まろうとした際、止まりきれずモタモタしていて、なぜかアクセルを踏んでいて前に停まっているゴミ収集車と思しきトラックに突っ込みそうになり、慌てて私がサイドブレーキを引いて追突せずに済みました。実は以前父が駐車場のバーを駐車券を取らずにそのまま前進して破壊した前科があり、何かあったらいつでもサイドブレーキを引く心の準備をしていたのが幸いしました。

危ないのでゆっくりでいいからと促して、何とかOKストアに到着。駐車場に入ってもモタモタしているけど、ヤバそうなので事故らないことを優先で何とか屋上の駐車場に着きました。駐車の際も感覚がおかしくなっているようで、まっすぐどころか普通にバックするのもおぼつかない状態で斜めに駐めました。

母が水を飲ませたほうがいいと気づいたので、私が屋上から2Fの自販機に行ってアルプスの天然水を買って父に渡しました。力が入らないようで、ボトルを開けることもできず、私が代わりに開けてもうまく飲めない状態でした。買い物中も水を飲むように言って、母の買い物の手伝いをしつつ、父の様子をチラ見していました。

会計の前に水を飲みましたが、立ちながらではボトルを持つ手に力が入らないのと、背筋が伸びないのでうまく飲めないようで、ペットボトルをカートに置きながらようやく3口くらい含んでもうまく飲み込めず、ゲホゲホやる始末。ノーマスク状態で咳き込むのは周りが誤解するので勘弁して欲しいと思いました。

会計も終わって、駐車場にたどり着いて乗車してからまた水を飲みましたが、今度はうまく飲めたようで、水をこんなに美味いと思ったことなかったと言っていました。マジで熱中症になりかかっていたようです。そこから先はサイドブレーキの手は離しませんでしたが、アクセルも普通に踏めるようになって無事帰宅しました。

今まで熱中症の人を見たことがありませんでしたが、まさか身内がなると思っていませんでした。まあ父は認知機能が衰え気味で、よほど暑くないと長袖を着ているくらいなので、いつ熱中症になってもおかしくなかったかもしれません。とりあえず家族が側にいる状況で良かったです。ここ数日暑い日が続いているので、皆さんもお気をつけください。

駄散文
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
フォローする
株式会社自由の森

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました