ツシマ・原神アプデ

駄散文
Ghost of Tsushima_20220105021407
スポンサーリンク

午前中はツシマ

今日は午前中に原神のアップデートがあり、アップデートのインストールとメンテナンスが済むまでということで、13時まではゴースト・オブ・ツシマの続きをプレイしていました。

上は主人公の堺井仁とその乳母の百合とのシーンですが、仁の父であり前当主である正への思いを語りますが、何かあったのかないのかわからない描写で非常にモヤっとしました。

ストーリーが鬱展開すぎるのと、スクリーンショットの貼り付けも憚られるくらい描写がかなりキツいので、これに何時間も晒されていると耐性がない人は闇落ちしてしまいそうです。私は海外ドラマのCSIで相当に鍛えらたので、凄惨かつリアルな描写も割と大丈夫なんですが、慣れていない人は見たら嘔吐するかもしれません。

その一方で、神社で護符を入手するシーンや歌を詠むシーンでは、非常に美しい描写で荘厳な思いになったり心が洗われるようです。

また、少しお若いときの木久扇さんにそっくりなキャラが登場したりもします。

ゲームとしてはオープンワールドかつ任意の場所を選んで進められるフリープレイなので、逆にどこにいこうか、どの順番でやろうかなどいろいろと迷います。3日ほどやってみて、自分のプレイスタイルにあったところから攻略していくと楽になるのがわかったので、段々順番を決めるコツがつかめてきたように思います。

敵の拠点を攻略する際に「くないで2人倒す」などの任意の目標があるため、結局サブウェポンの弓やくないなどの暗器を使いこなせるようになる必要があり、技を習得して強くする必要があります。これがやってみると適切な装備を選ばないと結構難しくて、やりごたえがあります。

太刀の拵えや鎧の色など装備は取得した色合いにカスタマイズできて、これはかなり楽しいです。スクショを撮り忘れました。昨日あたりからはメインストーリーの攻略より、技や装備を手に入れたり強化するのが楽しいので、ストーリーの攻略は後回しになってきました。

エンドコンテンツらしき「冥人奇譚」が全然目標を達成できないので、全部強くなってから挑戦しないとダメっぽいですね。

戦闘では受け流しを使えないというか使ってこなかったので、守りの技も全部習得したのでそろそろ練習していきたいと思います。

原神アップデート

今日は先述の通り、原神がバージョン2.4にアップデートしました。

原神——冒険に満ちたブランニューワールドへ
"物語は幻想大陸「テイワット」から始まります。皆さんは「旅人」に扮し、広大な世界を自由に冒険することができます。そこで、性格や能力も異なる個性的な仲間たちと出会い、待ち受ける試練、強敵に共に立ち向かっていきます。果たして、その先に待ち受けているものとは————miHoYoが贈る新世代のオープンワールドゲーム『原神』"

今回は新エリア開放ありで、新しい魔神任務と凝光と雲菫のデートイベントがが追加されました。下のスクショはデートイベントのものです。左にいるのが凝光と雲菫です。

今回も新要素やコンテンツ盛りだくさんで、ストーリーとなる魔神任務をプレイしましたが、最初から璃月のアレがアレする胸熱展開でした。まあ予告動画を見た人はわかると思いますが、一応ぼかしておきます。

今回のストーリに関わるメインキャラは申鶴・雲菫・凝光でしたが、当然他の璃月キャラも登場します。

新キャラの申鶴は川澄綾子さんの声がメチャクチャ合っていて感動しました。雲菫の小岩井ことりさんは劇パートの中国の方とのギャップがあって、劇がなかったら可愛いと思うんですが、これは構造上仕方ないところですね。

デートイベントではキャラが深堀りされてより魅力が増すので、メチャクチャ欲しくなるのが悩ましいところです。凝光は完凸していなかったらヤバかったと思いますが、30連分限定ガチャをやったら凝光×2と笛の剣で全ハズレで泣きそうになりました。だから凝光は完凸してるんだってばよ…。これで実績が70回なので、あと20回で確実にピックアップの申鶴はお迎えできそうです。

同じくピックアップの雲菫ですが、今回のガチャで外してもイベント報酬で璃月キャラ1人ゲットできるため、最悪こちらでゲットするのもありなので申鶴をお迎え次第今回のガチャは終了という作戦でいこうと思います。

魔神任務と凝光のデートイベントでかなり時間が掛かったため、雲菫のデートイベントの途中で、あと30分ほどで全エンディングを見られるので、それから新エリアを探索しようと思います。

地脈と深境螺旋も紀行任務があるのでやっておかなければ…。

駄散文
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事が面白かったらフォローお願いします!
株式会社自由の森

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました