即席カレー玉ラーメン・MONSTER HUNTER RISE 2日目

駄散文
スポンサーリンク

即席カレー玉ラーメン

今日は買い物が終わってからモンハンRISEをやっていて小腹が減ったので、業務スーパーの袋麺とカレー粉でカレーラーメンを作りました。

最初鍋でお湯を沸かすときにどうもお湯の量が少ないと思ったら、300mLしか入れてないことに気づき、後から200mL追加しました。

いつもラーメンを作るときもコーヒーを淹れるときも、計量カップを使って水の量を測っていますが、300mLは毎日飲んでいるコーヒーの量で頻度が高いため、無意識に手が動いたようです。

また、時計を見たら11時半くらいでちょうど昼前なのでラーメンでも作るかということで茹で始めましたが、電子レンジの時計が13時19分だったので慌ててスマホを確認すると13時19分でした。いつもソファにいるときは壁掛時計で確認しているためぱっと見で全然気づきませんでしたが、よく見たら針が止まっていました。

結局午後になっていたんですが、仕方ないので茹で上がったラーメンに卵を落としてコショウを振ってから食べました。

ちなみに家電で必要な電池は全部充電池にしていて、壁掛時計も充電しましたが、単3で充電時間は4時間くらいでした。

MONSTER HUNTER RISE 2日目

昨日からやり始めた”MONSTER HUNTER RISE”ですが、ようやくスクリーンショットを撮る方法がわかったので、何店かスクショを出しながら感想など。

本作はかなり和風なイメージで、おそらく近年ヒットした和風RPGである”SEKIRO”とか”Ghost of Tsushima”などの影響を受けて和風で攻めたんだと考えています。

新しく登場するモンスターは妖怪がモチーフで、から傘おばけや河童、カマイタチなどがモデルであろうことが伺えます。

また、ソロプレイの場合モンハンワールドがオトモが1匹だったのに対して、RISEは2匹連れていけるので、勝手にターゲットを取ってくれてかなり楽に戦えると思いました。したがって、多分近接の剣士よりガンナーのほうが楽じゃないかと思います。

モンハンRISEでは、オトモはアイルーに加えて犬っぽいガルク(上のスクショ左側)が登場します。特筆すべきはガルクの上に乗ってフィールド移動ができるので、以前のモンハンシリーズに比べてかなり高速での移動が可能です。このおかげでターゲットまでの移動や、ダメージを追って移動したモンスターの追跡もすごく楽になりました。

さらに、初期武器の派生である「里守用~」が無属性で会心0%ですがかなり攻撃力が高く、前半は弱点属性などを考えなくてもゴリ押しでなんとかなってしまいます。実際に星4まではこれでクリアすることができました。

定番というか、おなじみのモンスターも少しづつ登場して、ククルヤックを始めボルボロス、リオレイア、トビカガチなどに会うことができました。

リオレイアはライトボウガンで戦ってみましたが、1回死んだものの閃光玉を使うことなく初見プレイで倒すことができました。たぶんモンハンワールドで沢山狩ったので、攻撃パターンを熟知しているためだと思います。

セレクト達成度(クリア回数)が規定数になると次の難易度に進むことができますが、星4までは初見でクリアすることができました。星4まで達成して緊急クエストをクリアすると、一旦エンディングが流れて驚きました。星5からはリオレウスも登場するので、ここからがいよいよ本番といった感じです。

本作は百鬼夜行ならぬ「百竜夜行」があり、これが従来作品で巨大な古龍が攻めてくるクエストと同じような砦を守り切るクエストになっています。

ハンターの自宅やオトモを派遣して素材をゲットするなどのおなじみのシステムもあり、旧作をプレイした人ならすんなりと入ることができるでしょう。ガルクや初期武器の強さなどの調整で、旧作に比べてモンハン初心者もかなり遊びやすくなっている印象を持ちました。

そういえばここまでは全部討伐でのクリアなので、そろそろ捕獲をやっていこうと思います。

駄散文
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事が面白かったらフォローお願いします!
株式会社自由の森

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました