豆アジの唐揚げ&南蛮漬け・豚こまセロリ炒め・ナス鶏油丼

駄散文
スポンサーリンク

豆アジの唐揚げ&南蛮漬け

昨日は夕方に引きこもり用食材などを調達して、ついでに豆アジが税込み178.2円と安かったのでつい買ってしまいました。

銀座渡利さんの豆アジ動画を観て前からやってみたかったので、南蛮漬けに挑戦しました。

動画を参考に、胸びれを外してエラと内臓を取りますが、数が多いので大変でした。グロ注意なのと指もぐちゃぐちゃになったので、写真は撮っていません。これをやる前に動画のレシピで南蛮酢を作ろうとしましたが、昆布とみりんがなかったので麺つゆとお酒、どうせならアレンジしてしまえということで、バルサミコ酢とセロリとタマネギを入れて煮切りました。

10匹前後だと思ったら20匹いて、メチャクチャ手間がかかりそうだったので他のレシピを探したところ、クラシルのレシピがあったので粉以降はこちらを参考にしました。

丸ごと食べる 豆アジの唐揚げ 作り方・レシピ | クラシル
「丸ごと食べる 豆アジの唐揚げ」の作り方を簡単で分かりやすい料理レシピ動画で紹介しています。豆アジの唐揚げのご紹介です。香ばしくカリッと揚がった豆アジは、頭と骨も丸ごと食べられて、素材の旨味が存分に味わえる一品です。包丁を使わないので、手軽...

ということで、片栗粉、塩、コショウで作った唐揚げ粉をフリーザーバッグに入れて、そこに豆アジを入れてふりふりしました。思ったより満遍なく粉がまぶされて感動しました。

ここからは、油で揚げていきますが、揚げ油を用意しなかったのでオリーブオイルで揚げました。材料費が跳ね上がってしまいますが仕方ありません。また、3cmも使えないので1.5cmにしました。実はこれが人生初揚げ物で、ドキドキしました。

半分の10匹はアレンジ南蛮酢に漬けました。これもフリーザーバッグ使用。

もう半分は2度揚げして唐揚げで頂きました。1匹味見したので9匹です。サクサクでレモンサワーにメチャクチャ合いました。オリーブオイルで揚げたためか、日本酒には合っていなかったのが残念です。

一晩常温で寝かせてから冷蔵庫で漬けて、今日の夕食に頂きました。セロリの香りが麺つゆの風味と合っていて、ビールにすごく合いました。酸味が少なかったので、気持ちお酢多めで良かったかもしれません。

ぶっちゃけた感想としては、手間の割に感動するほどは美味しくなかったというのが正直なところですが、手間を掛けた分の補正で美味しく感じる気がします。本当に手間が掛かったので、おそらく次はないと思います。

豚こまセロリ炒め

同じく昨日夕方に買った豚こま肉とセロリを使って、炒め物を作りました。

大量に余った揚げ油を使って、ズッキーニとタマネギを炒めて、豚こま肉を投入して肉の色が変わったらセロリの葉を投入して油になじませて、オイスターソースを混ぜてコショウを振ったら完成です。ズッキーニはナスとキュウリを足して2で割ったような野菜ですが、色が良いので映えますね。ワインに良く合いました。

ナス鶏油丼

鶏油も使ってしまわないとダメになってしまうので、今日の昼はナス鶏油丼にしました。

ナスを買ってから日が経っているのでかなり傷んでいましたが、ピーラーで皮を向いてから茶色いところを取り除いて、鶏油大さじ2で炒めつつ、タマネギを刻んで投入しました。

ナスに油が染み込んだらセロリの葉を入れます。ここらでパックご飯を温め始め、セロリの葉が油になじんだらオイスターソースを入れ、よく混ぜて具の完成です。温まったご飯を器に移して、具を掛けてコショウを振ったらできあがりです。

最初は具を上に乗せた状態でお上品に食べていましたが、誰も見ていないのでお行儀が悪いと知りつつ、ぐちゃぐちゃに混ぜて頂きました。オイスターソースと野菜の旨味を吸った鶏油が満遍なく混ざって最高に美味しく、具のナス、タマネギ、セロリも味を引き立てていて簡単なのに美味しかったです。

これと豆アジの手間を考えるとコスト面で圧倒的に優れているので、豆アジに関しては上の感想になった次第です。ただ、やってみないと事も語れないので、とりあえずやってみて良かったです。

駄散文
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事が面白かったらフォローお願いします!
株式会社自由の森

コメント