ナスとセロリのカレー・エアラフェル終了・ストII無料配信中

駄散文
スポンサーリンク

ナスとセロリのカレー

今日はナスとセロリのカレーを作ってみました。作ると言っても業務スーパーのレトルトカレーとパックのご飯に、ナスとセロリを炒めて追加しただけのものです。

前回具なしでカレーライスを温めたときに、カレーの量が多すぎて皿から溢れそうになったので今回はどんぶりに入れました。

ナス1本分を炒めましたが、火の通りが悪く油を吸っていなかったので失敗でした。またセロリは全然存在を感じませんでした。つまり今日のチャレンジは完全に失敗しました。カレールーが結構美味しいのが唯一の救いでした。

次はナスを半量にして輪切りをやめて細切りにし、しっかり火を入れてからカレーに投入しようと思います。また野菜だけだと物足りないので、ひき肉も投入する予定です。

エアラフェル終了

一昨日からプレイし始めたドット絵RPGの「エアラフェル」ですが、今日の午前中でラスボスを倒してエンディングまで行きました。

クリアすると、エンディング後にタイトル画面にエピローグのメニューが追加され、エピローグに進みます。

ラスボスは大体想像したとおりだったんですが、ラストの展開が想定外で、まさかアレがアレするとは思いませんでした。この展開がいい意味で想定を上回って、意表を突かれたので良かったです。

またクエストも全部クリアしました。昨日までは仲間の魔術師セリ・ケスのクラスチェンジができませんでしが、今日気合を入れて探索したところクエストをクリアして無事にクラスチェンジできました。MP回復でチャージが溜まりやすいエレメンタリストにしました。これでボス戦がさらに楽になりました。

昨日は装備が完凸というか最後まで強化できていませんでしたが、今日は全員最後まで強化でき、最強装備になりました。

あと昨日も書きましたが、主人公リタの必殺技「サンライトフューリー」の強化オプションを守護天使にすると、使う度に全員全回復+リレイズが掛かるので、ラスボスを含めてボス戦ではまったく全滅しなくなりました。

ラスボスは流石に強かったんですが、復活のポーションを1~2回使うくらいでまあまあ楽に倒すことができました。下はラスボス前のシーンです。光っている大きな石の力を取り込んだラスボスが、その力の大きさに耐えられなくなり、理性を失って暴走するよくあるパターンです。

ここまではありがちな展開でしたが、前述の通りエンディングが意外だったので驚きましたが、エピローグでしっかり着地したので良かったです。

トータルのプレイ時間は22時間弱で、6~7章立てだと思ったら全5章でした。クエストや探索も認識する限り漏れなくやりきったと思うので、もう少しボリュームがあっても良かったかなと思いましたが、気軽にプレイするという意味ではちょうど良かったとも感じています。

グラフィックこそドット絵ですが、システムや演出はしっかり作り込まれていたので、久々に良作のコマンドバトルRPGをプレイできて良かったです。

Steam:エアラフェル (拡張版)
昔々、空に浮かぶ島、エアラフェルを崩壊から救うために、エルフの魔術師たちが魔法を使った。しかし魔法の代償として、エアラフェルは空から落ちる運命を余儀なくされた。時がたち、ひょんなことから、一人の少女の手にこの世界の運命が託される。少女と仲間達は、エアラフェルを救うために冒険をする!

ストII無料配信中

先ほど何気なくネットサーフィン(死語?)していたら、下の記事を見つけました。

『ストリートファイターII』が無料で配信中。プレイには『カプコンアーケードスタジアム』が必要 | ゲーム・エンタメ最新情報のファミ通.com
『カプコンアーケードスタジアム』でプレイできる『ストリートファイターII - The World Warrior -』が期間限定で無料配信されている。

PS4も対象だったので、とりあえずPSストアでダウンロードしつつ、「カプコンアーケードスタジアム」もダウンロードしました。

基本的には遊びたいタイトルをストアで購入しますが、第二次世界大戦をモチーフにしたシューティングゲーム「1942」の続編にあたる「1943」が最初から無料でプレイできます。1942と1943は高校生のときにゲーセンでやっていたので、これは嬉しい!

ストIIを早速やってみました。画面の設定をして全画面表示にしていますが、筐体を見る設定も可能です。懐かしいいい!

アナログコントローラーで昇龍拳を全然出せず、最初のステージの春麗に敗れました。

プレイを巻き戻せる「リワインド」という機能もあり、エミュレーターを彷彿とさせるけど公式なので太っ腹!

軽く触ってみただけですが技が出せなくて悔しいので、アケコンが欲しくなりました。ずっと欲しいと思っていたのでそろそろ頃合いかもしれません。

駄散文
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事が面白かったらフォローお願いします!
株式会社自由の森

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました