Amazonで高評価だったビール系飲料のホワイトベルグを飲んでみた

お酒

喉が乾いたらビールが飲みたくなるのは自然の摂理ではないでしょうか。少なくとも私は喉が乾くと体が本能的にビールを欲します。

最近は酒税法のおかげでビールがお高いので、ふだん飲みにビールをというのがすっかりなくなって久しいこの頃の私ですが、Amazonで高評価を獲得しているビール系飲料を発見したので、早速注文してみました。

ドドーンと箱買いです。

缶はブルーとゴールドでかなりオシャレ!マークは西洋の紋章によく登場する獅子ですが、肝心の味はどうなんでしょうか。

実際に飲んでみた結論から言うとアリでリピート決定なんですが、人を選ぶと思います。私も1本だけ飲んだだけならナシでしたが、何本も飲んでいるうちにアリになってきました。要するに、クセになる味ということです。

特徴はスパイシーな香りがして、味わいはスッキリしていることです。原材料にコリアンダーシードとオレンジピールと書いてあるので、この影響だと思います。以前試してみた経験から、ビールにオレンジジュースを混ぜるとファンタオレンジのようになり、混ぜたものの味と香りになることから、スパイスを混ぜるとスパイシーになると考えています。

スパイシーな味に最初は違和感がありましたが、何本か飲んで慣れてくると美味しく感じられるようになってきました。喩えるなら、パクチーが苦手だったのが食べているうちに病みつきになってしまうような感覚です。

次に料理とのマッチングですが、肉料理やカレーなど、こってりしているものや、スパイシーなものが合います。試していませんが、肉のハーブ焼きなどは特に合うと思います。

今年4月には酒造法が改正され、ビールに果実やハーブなどを用いることができるようになりました。ベルギーなどではフルーツビールなど、フレーバーの付いたものも一般的なので、日本にもこの流れが来そうです。

普通のビールが飽きた方や新しいものがお好きな方は、スパイシーなホワイトベルグを試してみてはいかがでしょうか。

まずは6本セットで合うか試してみて、気に入ってリピートする場合は24本注文するのがベストだと思います。

スポンサーリンク

コメント

トップへ戻る