謎のPC不調とか

駄散文
スポンサーリンク

今日は朝イチで日課の原神でのデイリー任務をこなすため、PCを立ち上げたらキャプチャーボックスが生きないので焦りました。

原神はPS4でプレイしていますが、配信を行っている都合上、PS4の映像および音声信号をHDMIでキャプチャーボックスを経由してPCに送っています。つまり、キャプチャーボックスが立ち上がらないとPS4が使えないということです。ちょっと不便。

いつもはUSB抜き差しで何とかなるのでやってみましたが、何回やってもダメでした。PC側の不具合だと思ってモニターを見たら、Ubuntu(オープンソースのLinux系OS)のブートメッセージが出て止まっていました。昨日ブログ記事に使ったPS4の画像を入れたUSBメモリはUbuntuのインストール用のいわゆるLiveUSBで、PCに挿しっぱなしで電源投入時にUbuntuが立ち上がろうとしてエラーになっていました。

原因が分かったので、USBメモリを抜いてPCを立ち上げたら普通に起動しました。やれやれだぜ…。

そういえば昨日、PS4のスクリーンショットをUSBメモリにコピーするときにも難儀しましたが、大容量化&高速化のためにSSDをUSBで外付けしていて、USBメモリに画像をコピーしようとしたら、「大容量デバイスなので画像を移動できません」といったエラーメッセージでコピーできませんでした。こちらはUSBメモリを何度か抜き差しして、正常に認識したところでコピーできるようになりました。これは一発で認識できるように改善してほしいですね。

PCといえば今年末頃にWindows11がリリースされるとのことで、5年前に購入したこのPCのマザーボードがセキュリティに対応していないので、リリースのタイミングでマザーボード、CPU、メモリ、ついでにケースも交換しようと思っています。

電源とグラフィックボードは今年始めに配信のために交換したので、残った古いパーツを更新する予定で、次のCPUはコスパに優れると言われいてるAMDのRyzen5あたりにしようと思います。

20年ほど前はPC自作が趣味だったので、毎月アキバのパーツショップに行ってPCパーツを物色して、3ヶ月くらい毎に何らかのパーツを交換・追加していたように思います。当時ツートップが好きでよく行っていたんですが、最近はマウスコンピュータみたいにBTOマシンのショップとして生き残っているようですね。

BTOパソコンのTWOTOP(ツートップ)
TWOTOP(ツートップ)インターネットショップは、姉妹サイトパソコン工房通販サイトに販売の場を移すこととなりました。全国店舗展開のユニットコムグループだからご購入後のサポート・アフターケアも万全です。

ちなみに、当時ツートップ1号店があったビルの下にじゃんがらラーメンがありましたが、いつか食べてみようと思いつつ、まだ一回も食べていません。

現在はPCパーツもAmazonやヨドバシの通販で買えるので、ショップに行って直接買うといった需要はほとんどないんでしょうね。緊急時にリアル店舗で買いたいときも、アキバまで行かなくても上大岡のヨドバシで買えますし。実際、年始のパーツ交換の際はコネクタをヨドバシに買いに行きました。

懐かしい話をもうひとつ。フロッピーディスクを使わなくなって久しくなりましたが、Windows95はFD21枚組で、インストールにメチャクチャ時間が掛かり、半日は潰れたと思います。今では考えられませんよね。次のWindows98からはCD-ROMになって劇的に楽になりました。

2ヶ月ほど前に、不要になってしまったミニPCにUbuntuをインストールしましたが、今は先ほど書いたようにUSBメモリからブートでき、OSをインストールするのに1時間もあればサクッと終わるので、まるで天国のようです。件のミニPCはWindows10のサポートが終わるのでとりあえずUbuntuをインストールしたけど、使う用事がほとんどないので結局置き物になっています。自動クッキクリッカーでもやろうかな。

駄散文
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
フォローする
株式会社自由の森

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました