原神イベントとシン・エヴァと市長選挙

駄散文
スポンサーリンク

この記事で駄散文を書き始めて17本目ですが、17といえば大鉄人ワンセブンですね。アイス?知らんがな。あと素数。

原神イベント「機構棋譚」

原神では昨日からイベントの「機構棋譚」が始まりました。以前行われたイベントをリニューアルしたもので、基本はタワーディフェンスゲームです。タワーディフェンスは、いろんな効果のあるユニットをフィールドに設置して、回転寿司のように流れてくる敵をユニットで迎え撃つ防衛ゲームで、一定数の敵がゴール地点を通過してしまわないように防ぎきれば勝ちです。

前回と大きく違う点は、様々な効果のあるくじが採用されたことで、前は各ユニットのレベルを上げればほとんど確実に勝てたところに運要素が追加されました。他に変更された点は、キャラによる足止めがかなり重要になったことです。

前は足の速い敵も、レベルを上げさえすれば放置でも撃破できましたが、今回はキャラの攻撃によって足止めしないとすり抜けてきます。これはフィールド上のキャラが2人になる、マルチプレイが有利になることを意味します。以前のマルチプレイは楽しい以外ほとんど無意味だったので、マルチが好き、あるいはフレンドがいる人には福音ですが、ソロプレイ派の私には関係ありませんでした。ひとりでできるもん!

昨日は追加要素が別ゲームになったくらいの変化で戸惑いましたが、途中からコツがわかってきて、2日目の今日はわりとすんなり勝てるようになってきました。タワーディフェンスゲームとしては実力勝負の前回のほうが面白かったと思いますが、原神のミニゲームとしては今回に軍配が上がると思っています。

開発・運営のmihoyoがよく面倒な追加要素を実装したと新要素追加の度に感心していますが、ガチャでメチャクチャ儲かっているんでしょうね。課金者の皆様ありがとうございます。だがワイは無課金で完走するッ!

シン・エヴァンゲリオン視聴

Amazonのプライムビデオに今日から「シン・エヴァンゲリオン」が追加されたので、午後から部屋のカーテンを閉め切って視聴しました。4月に劇場で観ていますが、近々友人と感想戦を行う予定で、ところどころ忘れているかもしれないので観てみました。

忘れていると思ったのは杞憂でほとんど鮮明に覚えていました。劇場で観たときは横1列に私だけで、周りに音を立てる人もおらず、画面が大きいからそれしか見えないため完全に内容に集中できたのと、初見でメチャクチャ感動したので記憶の定着が良かったんだと思います。

あらゆる方位のオタクに配慮されているような作りで、艦船あり、鉄道あり、バトルあり、癒やしあり、ドラマありのてんこ盛りで、劇としての緩急の付け方もよく、なんで田植え?というのも意味があるのが最高でした。

また初見でも思いましたが、20世紀のコンテンツを引き受けてケリをつけるような場面が見受けられたように感じます。例えばゲンドウのサングラスは、ドラゴンボール最終回の亀仙人のほぼ無意味なサングラス変更に対するカウンターに思えました。

TV版から25年以上経ちましたが、きちんと作品としてケジメをつけて終わったのも良かったです。賛否あるでしょうが、登場人物がほぼ全員救われたのが良かったですね。

横浜市長選挙

22日に横浜市長選挙がありますが、立候補者が今回は過去最多の8人だそうで、短期間でどうやって決めればいいか戸惑っています。

市のサイトとか新聞のサイトで調べてみましたが、一箇所に集約的に整理されているところはないので、結構不便ですね。

私は財源確保とラスベガスのような観光都市になったら嬉しいのでIR賛成派です。ギャンブル依存とか治安を問題視している方が多いようですが、おそらくメインターゲットは豪華客船で寄港するセレブの人たちで、IRがあれば税収ガン上がりで雇用も増えるので、マイナス要素はあまりないと思っています。またギャンブル依存とか治安については、入場料を高くするとか高級ホテル内にカジノを設ける等、ゾーニングすれば問題ないでしょう。

IR誘致を公言しているのは現職の林文子さんと、元衆議院議員の福田峰之さんなので、この2人から決めることになると思いますが、まだ情報が足りないので数日で調べて期日前投票に行こうと思います。

駄散文
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
フォローする
株式会社自由の森

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました