80日目・原神・年寄り

駄散文
スポンサーリンク

80日目の文章術

この駄散文の記事を書き始めて80日経ちました。一応目標は100日なので、80%達成したことになります。内容や文体にはこだわらず、なるべく早く書くことを目的にして続けていますが、時間としては1時間から1時間半程度で文字数は1500字以上書けています。

毎日書くコツは日常に起こる出来事の解像度を上げて、小さなことも見逃さないようすることでトピックを増やすことです。 例えば書くことが何もない場合は、本当に書くことが何もないとか、書く気が起きなかったとかについて書き始めて、どうしてそうなるかを後で肉付けしていくようなイメージで書いていくと、それなりに文字数を稼ぐことができます。

実はこれを書いているのは原神をプレイしすぎて、他のことをほとんど何もしていないからですが、それすらもネタに昇華するクセが付いて来たので無理矢理にでも300字~500字程度は埋めることができるようになってきました。このトピックも500字程度書いていこうと思います。

また文章を書くのにコーチングの流れも応用できると思っていて、テーマ(見出し)→現状→ゴールはどうなったら良いか→ゴールの状態をどうなるかイメージ→イメージから想起する行動、といった感じで書いていくことで1000字程度は書けるんじゃないでしょうか。

目標は100日ですが、これは結構良い習慣のような気がするので100日書いた後も続けるかもしれません。パーマリンク(URL)は999日まで書けるようになっているので、それまで続けるのもいいかもしれませんね。

このように500字以上というか700字近く書けたので、安心して次のトピックを書いていきます。

原神:鶴観探索度100%

原神で水曜にアップデートして追加された新エリアの「鶴観(つるみ)」ですが、今日はとりあえず探索度が100%になりました。100%になっても宝箱はあったりするので、単なる目安ですが嬉しいですね。

ストーリーは1日に1つの任務(クエスト)で少しづつ進むため、まだ完了していませんが終わるまでもう少しといったところだと思います。鶴観のアチーブメントもこの任務が終わるとコンプリートです。

ところで昨日書いた、7つのうち5つだったアイテムは1つ増えて6つになりました。いまだにフィールド探索でゲットできるのか、ストーリー上で手に入るのかわかりませんが、フィールドはほとんど見たと思うのであとはストーリーが終わるまで様子を見ようと思います。

今日はやり忘れていたトーマのデートイベントをやりました。トーマは時間を掛けて築き上げた人脈で、正攻法でうまくいかないことを裏から根回しして解決することが得意なキャラクターです。日本の社会というか組織は段取りと根回しでかなりうまくいきますが、稲妻という日本がモチーフの国で海外のモンドから来たトーマが地域に馴染んでいろんな人と仲良くなっているのが特徴的でした。

デートイベントはキャラの人となりが良く分かるのでかなり好きなコンテンツですが、ノベルゲームっぽいので途中で眠くなってしまい、エンディングの1つはなんでそうなったかわからないけどエンディングになっていました。女性キャラだと比較的に大丈夫なんだけど、男女差別になるんでしょうかこれは…。

今日から新しくイベントが始まりましたが、内容は以前もあった音ゲーで、タイミング良く十字ボタンか○✕□△(コントローラーの場合)を押すルールです。今回のイベントから追加された要素として長押しがあり、タイミングよく押してからボタンを押し続けてタイミングよく離す必要があります。

長押しが継続するとコンボが稼げるので、長押しは絶対はずさないようにして集中して、短押しはある程度外してOKという方針でプレイすると高得点を狙えることに気づいたので、この方針でいこうと思います。

音ゲーイベントは1週間くらい続くので、のんびりプレイしようと思います。

最近の年寄りは…

今日はシャンプーが切れていたので、自転車でマツモトキヨシとイオンに行きましたが、帰りにエレベーターで1階まで行って降りようとしたところ、60代くらいの女性が扉の前に立ちはだかり、「すみません」と言いながらそのまままっすぐ乗って来たので、避けながら思わず「降りるのが先」と言ってしまいました。もう一度「すみません」と言っていたけどそのまま進んで来たので言行不一致も甚だしく候ですよ。

まったく最近の年寄りは身勝手な人が多いんじゃないの、という愚痴で主語デカ案件なので一般化するのは良くないし人によると思いますが、若者バージョンは古代エジプトの碑文にもあるので、年寄りバージョンもこれから我々がたくさん書いていけば、今から時間が過ぎて古代になったら『昔から「最近の年寄りは」って書かれているからいつの時代も同じだな』と未来の人が思ってくれるかもしれませんので、これからどんどん書いていこうと思います。

一文が長いけど早口でまくし立てたくもなるのでご容赦ください。

駄散文
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事が面白かったらフォローお願いします!
株式会社自由の森

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました