ゲーミングソファベッド・Webサイト制作の記事・冥人奇譚

駄散文
スポンサーリンク

ゲーミングソファベッド完成

ソファベッドにヘッドレストを増設してゲーミングソファベッドにするプロジェクトですが、ソファカバーも交換してついに完成しました。

一昨日ヘッドレストは届いたんですが、ソファカバーがボロボロだったのでこちらも注文して昨日の午前中に届きました。

取り換え作業の際、安物なのでボロボロになった合皮が剥げて散々だったんですが、なんとかやり遂げました。ソファベッドのカバーを取り換えてから、ヘッドレストを付けてこんな感じになりました。クッションカバーも付いていたので付け替えました。

ヘッドレストは首を預けることができてなかなか快適ですが、実はカバーを換えて、ボロボロの切れ目に足が引っ掛かるストレスがなくなった効果のほうが大きかったです。写真をアップする目的がなかったらコロナ禍で来客もなく、誰の目にも触れず放置していたと思うので結果としては良かったです。

昨夜はヘッドレストに頭を預けてアニメなどを観ていて、気持ちよすぎて寝落ちしてしまったので、気をつけないと寝落ち祭りになりそうなくらいです。自動車用のヘッドレストにダンボールを取り付けてフレームを挟むように上からぶっ挿したさけですが、快適なゲーミングソファベッドが爆誕しました。

Webサイト制作の記事

以前からずっと書こうと思っていて、書きかけて放置していたWebサイト制作を始めるための記事を仕上げました。

アラフォーからWebサイト制作を始めてWordPressを使えるようになり、ブログで収入を得るまでの経緯
私は2008年に独立して会社を設立したことをきっかけに、Webサイト制作をゼロから始めました。当時37歳で、すでにアラフォーでした。知識もゼロからのスタートで、HTMLもCSSも始めはよくわかりませんでした。ただし、PCは自作していたくらい...

まずは触りのストーリーとして、HTMLとCSSも知らなかった当時アラフォーの私が、どうやってWebサイトを作り始めて、最終的に現在のようにWordPressを使うまでになったか経緯をまとめていますが、今後は随時Webサイトやブログを開設するために必要な情報を整理してお伝えしようと思います。

次の準備編の記事を書くにあたり、ネット回線とプロバイダについて調べ始めましたが、OCN光に回線とプロバイダがセットになっていることを突き止めるまでに時間がかかったので、もう少しわかりやすくしてほしいですね。とりあえずPCでネットを使うのが初めての人にはOCN光をオススメすればいいみたいですので、記事に反映します。

HTMLとCSSに始まって、レンタルサーバーやドメイン取得など必要な情報はなるべく網羅したいと思いますが、自分で全部構築とかカスタマイズしたいかコーダーにならない限り、現在はHTMLとCSSを覚える必要がほとんどなく、WordPressも無料で多機能なテーマもあったり、サーバーを借りずにnoteやはてなブログでも足りる人がいると思うので、目的別にフローチャートも書いたほうがいいかもしれません。

ガチでやりたい人向けに、HTML+CSS→JavaScript→PHP(WordPress)のような順番で説明していこうと思いますが、N予備校のほうが実践的でわかりやすかったりします。

ガチな人にはきちんとした教材やサービスには敵わないので、とりあえず私みたいに起業したい人・した人でWebサイトやブログを開設したい人向けに苦労したところや、わかりにくいところのフォローができるように考えています。私もあそこに出るアレはなんだ!?となったサイトリンクやファビコンなどの名称が初心者にはわからないので、そういうところです。

これから週イチくらいのペースで更新していきたいと思いますので、興味のある方は楽しみにしておいてください。

冥人奇譚

今日は2チームに分かれて競い合うモードの「群雄」をやってみました。

ソロプレイだと何度死んでも勝つまで復活し続けてしまうので、奇譚みたいに途中で死んで報酬をゲットすることもできず、やめたくてもやめられない状況になって「…シテ…コロシテ…」みたいな気持ちになりました。

何度も死んでからの勝利の瞬間です。雄叫びを上げました。

1時間32分掛かってなんとかクリアしましたが、死ぬほど疲れました。

報酬で強い神品が出たので許しますが、もうソロではやらないと心に固く誓いました。

自動回復狙いで護符を改良したら、闇討ちで周囲の敵が100%混乱する効果が出て、そっちのほうが強くて萎えました。

駄散文
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事が面白かったらフォローお願いします!
株式会社自由の森

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました