ミートグラタンと鶏皮セロリ炒め・自動化楽しい

駄散文
スポンサーリンク

ミートグラタンと鶏皮セロリ炒め

昨夜は原神のイベントも一段落ついた上、今日の予定がなくて飲む気満々だったので、昼間に仕込んでおいたミートグラタンと、最近ハマっている鶏皮とセロリの葉っぱ炒めを作って頂きました。

ミートグラタンは具をグラタン皿に移して、チーズを乗せてレンジで加熱しました。

初めはオーブンで加熱しようとしましたが、全然焼き目が付かないので調べてみたら、220℃で15分などとあり、そんなに待てないので諦めました。

今後はチーズなどの焼き目を付けるのを楽にやりたいので、バーナーをお迎えしようと思います。

これがあれば、炙り〆鯖なんかも簡単にできると思うので楽しみが増えそうです。キャンプなどでも活躍しそうですね。

ミートグラタンの具は多く作り過ぎてしまったので、今日パスタのソースにして頂きました。ニンニクとオリーブオイルを追加して、茹で汁で滑らかにするだけです。

チーズの溶け具合がイマイチでしたが、味は美味しかったです。あと実際に作ってみてジャガイモはいらない気がしたので、今度はナシで作ってみようと思います。

鶏皮とセロリの葉っぱ炒めはすっかりハマってしまい、ワインを飲むときの定番メニューとなりました。

作り方は、鶏皮とセロリの葉と茎を適当な大きさに切って、鶏皮を油を使わずに炒め、出てきた油を別の容器に移し、再び加熱して油が出てきたらセロリの茎→葉の順で炒めて、セロリの葉が油を吸ってしんなりしたら火を止めて麺つゆを入れて、コショウを振ったらできあがりです。

セロリのおかげでくどさがなくなり、バクバク食べられるので2回に分けて鶏皮を1パックいってしまいました。炒めると油がすごく出るのでカロリーがヤバそうです。

取っておいた鶏油はセロリを炒めてパスタソースにできるので、ムダにならずに美味しく頂けます。鶏皮が安くて鶏油も取れ、コスパ抜群の食材なので完全にハマっています。

自動化楽しい

数年前から、スマホアプリでもPCでもソロプレイかつオフラインのゲームを自動化するのにハマっています。

以前に引き続き、今回も現在プレイ中の”Your Chronicle”で料理を食べてステータスを強化する「暴食」がありますが、料理を作るためには2つのエリアにまたがっている食材が必要なので、行ったり来たりを定期的に繰り返し操作する必要があり、人力で操作し続けるのは面倒だったのでこれを自動化しました。

具体的には、料理の「ドライフルーツ」の魔法攻撃力がレベル1で10%上昇というかなり破格の強化なので、これを大量にゲットするために、森にいるボス報酬のリンゴと、砂漠の宿町のヤシの実が必要です。

そこで自動化によって森と砂漠の宿町を交互に行き来して、食材をゲットして継続的にドライフルーツを作る体制を整えるのが今回の目的です。人力だと面倒だからステータス強化が破格なんだけど、これを自動化によってウハウハ状態にしてしまいます。

まずはスクリーンショットを撮って、押したいボタンの座標を確認します。今回は「森」と「砂漠の宿町」の2つのエリアのボタンと、画面右でボスがいる上から3番目のボタン(各エリア共通)の座標を取得します。

座標は、Windowsでは定番画像ビューアの”IrfanView”でスクショを開いて、ボタンの位置をドラッグして確認します。

窓の杜
「IrfanView」定番の画像ビューワー

また、ボタンを押した後、食材を満タンまで貯めるまでの待機時間を入れますが、この時間はストップウォッチで実測します。だいたい3分26秒=206秒でした。

これで必要な情報が揃ったので、あとは自動化ツールの”UWSC”でスクリプトを組めばOKです。

メニューが出て、最初のエリアを選択することができるようにしました。

また、PCで別の作業などをしていてウィンドウが非アクティブだと、アクティブなウィンドウをクリックしてしまったので、ループの度にアクティブ化するようにしてPCを使っていてもボタンを押せるように修正しました。

これで数時間動かしてみましたが、魔法攻撃力と魔法防御力の強化値が1k%を超えました。大成功です。

強敵だったグリフォンの勝率が上がり、とりあえずこのクロニクルでのクエストは全部終わったので、あとは転生ですが、仲間のレベル上げを何日かしてからにします。

 

 

駄散文
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事が面白かったらフォローお願いします!
株式会社自由の森

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました