父通院付き添い・条件変更

駄散文
スポンサーリンク

父通院付き添い

今日は11時ごろに母から連絡があり、父の薬が切れたから今から一緒に病院に行って欲しいと言ってきたので、モヤッとしました。薬は1週間前には切れそうなのがわかるでしょ…。

今日の今日は無理だよと言ったらもういい!と言って切ったので、仕方なく1階に話を聞きに行きました。午前中の診察が12時までなのでそれからタクシーを呼んでも、待ち時間を考慮するとおそらく間に合いません。仕方ないので1日我慢してもらって明日にしようと思ったら、日中は私の予定が入っていて無理でした。

そうなると今日夕方17時からの診察しかないので、それを告げて16時50分集合にしました。16時40分に時間が迫ってきて、タクシーを呼ぼうとして電話を掛けたら、対応できるドライバーが近くにいないということで、話を伺ったというかオペレーターの人が勝手に話してくれましたが、今はコロナ禍でドライバーの数が業界全体で2割減っていて、人も入ってこないので全然稼働していない状態になっているとのことでした。

次に電話を掛けた会社は金沢区を神奈川区と聞き違いをしたみたいで、エリア外でした。これは私のミスなので仕方ないですが、時間が迫っています。

最後の頼みで某KQBタクシーに電話をしたら、すぐに来るということでやっとタクシーが捕まりました。今日は最初の一発目で最適なタクシー会社がどこか試す必要があり、紆余曲折ありましたが今後はここを利用できそうです。

病院に着いて受付を済ませ、待つこと25分くらいでようやく順番が回ってきて、聴診をしつつ薬の処方に加え、介護申請について伺いました。認知症も進んでいて、運動機能も低くなっているけど、認知症より運動機能のほうで介護認定が降りそうということでした。

また、診察後に認知機能の検査を行い、待っている間家族用のアンケートに回答しました。これも15分ほど掛かったんじゃないかと思います。これを提出して10分くらいで私だけ呼び出されて、説明を伺ったところ、役所に提出する書類は用意して頂けることになり、申請前に行っておいて良かったです。

実は今日、介護申請を区役所でしようと思いましたが、暑かったのと明日は曇りそうなので、給付金の書類を書いて投函するだけにしました。これが結果として功を奏しました。

さらに10分ほど待って会計を行い、薬局でも15分ほど待って薬を受け取って、タクシーを呼んで帰ったら18時半を過ぎていました。待ち時間長すぎワロタwww

行く前にオンラインで診察を受けられたらと思って調べてみましたが、当日薬を受け取れなさそうだったので、今日は却下しました。タクシー代もバカにならないので、薬が切れそうになったら事前に予約して利用するのはアリかもしれません。

SOKUYAKU

とにかく待ち時間が長いので、仕事と割り切って付き添う仕組みにして良かったです。

タクシーとさっき見つけた下の自転車はトータルではどっちがお得なんでしょうか。要検討ですね。

待ち時間に油淋鶏みたいな料理が映っていて、いつもはすでに夕食の時間だったので、メチャクチャお腹が減りました。

条件変更

昨日の話し合いで、私がメインで父の世話をして、両親1万円、弟1万円づつで話が決まりましたが、付き添いが終わった夕食後に母にジャブとして話を振ったところ、「は?」と言ってしらばっくれようとしたので、まずはそこで切り上げて弟に説得をお願いしました。

母は基本的に感情論で、論理的に話したい私とは全然噛み合わないので、弟にお願いしたら、上の弟が「親から金を取るのはおかしい」と決まった話を蒸し返してきて困惑の極みです。ケンカになるから言えなかったって、話が決まった後から言われても困るんですけど…。

という不毛なやり取りが何度か続いた後、弟2人で15000円づつ出すという提案があり、両親にも仕事として依頼することで連絡等をきっちりやってほしいという思惑もあり、「感情的には納得できないけど、それだったら飲むしかない」という返事をしつつ、弟同士の相談する待ち時間に上の付添の経緯を書いていたら、下の弟が「近くにいないから15000円出すのと、母を説得して5000円出す」という話でまとめてくれました。

私は全員が平等に負担することで協力体制を築きつつ、動ける私は働いて対価を得るという形にしたかったにも関わらず、結局いざというとき全然動かず事前連絡もできない母のゴネ得になったのがモヤりますが、まあ仕方ないですね。

これでさすがに本決まりだと思うので、粛々とやっていきます。

駄散文
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事が面白かったらフォローお願いします!
株式会社自由の森

コメント