夜飲みアテ・今後の家族会議

駄散文
スポンサーリンク

夜飲みアテ

昨夜は今後を占う決戦前ということも特に関係なく、ソーダとワインがあったので飲みました。飲みながらアテが足りなくなってきたので適当に作りました。

1つ目はツナとタマネギのオイスターマヨサラダです。

ツナ缶にタマネギ1/16個くらいを刻んで混ぜ、オイスターソースとマヨネーズで和えてコショウを振ったらできあがりです。いつも最初に飲んでいるキンミヤ生搾りレモンサワーには合いました。

続いてワインの時間になったので、ナスとタマネギのミートグラタンを作りました。

ナスは5mm角、タマネギは粗みじん切りにしてバターで炒め、タマネギの色が変わってきたら挽き肉を炒めて、ナスが油を吸って透き通ってくるまでじっくり待ってから、トマト缶半分を投入します。強火にして10分ほど水分を飛ばしたら、麺つゆ小さじ2を入れ、よく混ぜたら具の完成です。

できた具をグラタン皿に入れて、シュレッドチーズを上に敷き詰めたらバーナーでよくチーズを炙って、コショウを振ったらできあがります。炙った皿が結構熱いので、タオルや鍋つかみなどを使ってやけどしないように食卓まで運びます。

チーズの賞味期限が先月だったような気もしますが、焦げるまで完全に火を入れたのでたぶん大丈夫だと思います。ほぼチーズとトマトの濃厚な味でしたが、肉とタマネギの旨味もあり、ほんのりナスの香りと食感があって美味しかったです。

今後の家族会議

先日、こちらに来た際に熱中症気味の父を見てヤバいと感じた上の弟の招集により、下の弟も含め集まって話し合いを行いました。

上の弟はこちらの事情を鑑みずに私の対応が悪いと勝手にキレてきて、今住んでいる4階と1階の部屋を売って自分で両親を引き取って同居すると言いましたが、弟にも家族の生活があって現実的ではないのと、5年間関わっても父が何もしてくれなかったことで、私の感情が擦り切れた結果として失望とともに怒っていることは理解してほしいと説明しました。

補足すると、今の部屋は中古価格が1300万円くらいなので、売ったらよくても500万円で資産価値が低いため、そのまま使うなり貸すなりするのが経済面でもベストですが、上の弟はいい意味では優しいですが、そういうことも考えずに直情的に全部破壊してくる傾向があるので参りました。

上の弟がかなり感情的になってマズい選択をしようとしたので、下の弟が間に入ってクッションになってくれたので、今一度5年間の心理的な裏切りと感じた積み重ねで両親に対してもはやプラスの感情はないことを説明しつつ、最初から考えていてた、対価として親、弟それぞれが1万円づつ出して仕事として私が動くプランを提案した結果、なんとか採用されました。

これは前々から来るべき日を想定して考えに考えてベストだと判断したプランで、当初上の弟が毎週買い物に車を出すと言っていましたが、家族もいて毎週は続かない可能性が高く、少しづつ離れてサポートがなくなるよりも、近くにいて動ける私が多少なりとも対価を得て仕事として動いたほうが、マイナス感情を抑えつつ両親の世話ができる仕組みとしてうまく機能しそうだと考えたからです。

また、都内に住んでいる下の弟は実質物理的に何もできないため、その点で負い目を感じるようなことも避けたいと思い、対価を払うことでサポートに参加している実感が得られ、全員が納得できる仕組みにしたかったのも理由のひとつです。

ただし、父に運転をさせないということは、単独では買い物やリハビリに行けなくなって運動機会を奪うことに他ならないため、私も諦めるというか、優しい虐待に加担する選択をせざるを得ない状況になりました。ここだけは5年あればどうにかできたはずなので本当に悔しいですね。

とりあえず全員の負担が軽くなりつつ、動く人員としての私は対価を得られる穏当な形で話がまとまったと思うので、まずは無理のない範囲で頑張ります。とりあえず経費が出るようになったので、買い物用の大容量リュックを買おうと思います。

駄散文
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事が面白かったらフォローお願いします!
株式会社自由の森

コメント