冷凍横浜家系ラーメン・原神:イベント4日目

駄散文
スポンサーリンク

冷凍横浜家系ラーメン

今日は先週もらってすっかり忘れていた、冷凍の横浜家系ラーメンを食べてみました。

裏面の作り方によると、内袋を剥がして冷凍のまま鍋に入れて火にかければ食べられるようですが、かなり信じがたいです。

まあ失敗してもネタになるので、物は試しでやってみました。本当にこれで大丈夫なの?という疑念が拭いきれませんが、袋の指示に従って弱火で底のスープを溶かします。

だんだんスープが溶けてきて、完全に液体になったら火を中火にしてさらに加熱を続けます。下の方から少しづつ麺が戻ってくるので、ほぐしながらさらに溶かしていき、すべての麺がやわらかくなりました。

最後にチャーシューを少し沈めて、スープが煮立ったら完成です。器に移して海苔をのせて見た目をちょっと整えたら、見事にラーメンになりました。ビックリです。

なかなか美味しかったですが、スープの濃厚な味に麺が負けているような気がしました。このスープの味だとパスタのほうが合いそうです。またちょっとしょっぱかったので、水を100mLくらい加えても良さそうです。

でもちゃんとラーメンになってちょっと感動したので、冷凍ということを考えると充分すぎるほど美味しいと思いました。

Amazonだとマーケットプレイスでセットしか扱っていませんね。

原神:イベント4日目

原神では現在開催中のイベント「サマータイムオデッセイ」の4日目でした。今日はフィッシュル(CV.内田真礼)の日で、各コンテンツにものすごく気合が入っていて驚きました。

楓原万葉(CV.島崎信長)や辛炎(CV.たかはし智秋)もオリジナルのマップでしたが、比べ物にならないくらいオブジェクトや仕掛けが凝っていて、制作スタッフのフィッシュル愛を感じざるを得ませんでした。

フィッシュルは中の人が同じことからも分かる通り、おそらくモデルが「中二病でも恋がしたい」の主人公、小鳥遊六花ですが、フィッシュルも自らを「断罪の皇女」と呼ぶほどなので中二っぷりでは負けていません。

ストーリーもかなり熱く、中二病あるいはオタクを励ますような内容で、おそらくスタッフが今回のフィッシュルと同じような想いを経て原神の制作に関わっているんじゃないかと考えています。私もご多分に漏れずオズ(CV.増谷康紀)のセリフに目頭が熱くなってしまいました。

私がずっと気になっているのが、フィッシュルに寄り添って一緒に戦いまでこなす、夜鴉のオズヴァルド・ラフナヴィネスことオズは一体何者かということです。フィッシュルの願いに呼応して顕現したにしても、話せるだけでもおかしいんですが、戦闘でもメチャクチャ強いのでまさに常軌を逸した存在です。そのオズを従えているフィッシュルが逆にすごすぎる存在であるとも言えます。

幻境のマップが気合が入っているせいか複雑なので、しつこく探索したんですが現時点で宝箱が2つ残ってしまいました。

フィールドの謎解きと仕掛けもかなり凝っていて、割と時間が掛かりましたがやりごたえは充分で大満足です。探索し尽くすためには取っていない宝箱の中身が少なくとも1つは必要なので、明日には頑張ってゲットできればと思います。

戦闘の挑戦は万葉のおかげで楽勝で、3回でサクッと全項目クリアかつマックスの600ゲットできました。

今日はホラガイも全部で19個集まって、あと1つは今後の任務クリアが取得条件なので、実質全部集めたと言っていいでしょう。

明日は順番からするとおそらくモナ(CV.小原好美)の回だと思いますが、ホラガイがほぼすべて集まっていることもあって、果たして幻境はあるのかどうか気になっています。また明日以降で幻境の謎を解くことになると思うので、こちらもすごく楽しみです。

駄散文
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事が面白かったらフォローお願いします!
株式会社自由の森

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました