オンライン飲み会・Tower of Fantasy(幻塔)プレイ

駄散文
スポンサーリンク

オンライン飲み会

昨夜は友人たちとオンライン飲み会を行いました。22時スタートだったんですが、30分過ぎてから集まり始め、23時くらいで全員集合しました。

たぶん半年ぶりくらいで、お互いの近況報告や、最近ハマっているものについてなど、かなり盛り上がりました。アニメ「メイドインアビス」を観ている友人がいたり、他の友人はハリー・ポッターにハマっていたり、意外にも私が好きなコンテンツの話で盛り上がることができて嬉しかったです。

かなり張り切ってゴマサバの炙り〆鯖や、大好物の鶏皮のセロリ炒めなどを仕込んで、友人とワイワイ話しながら飲み食いできる時間は最高に幸せです。ところで、思いの外話が盛り上がったので、仕込んでおいたセロリのめんつゆ漬けを食べるのをすっかり忘れていました。

全員で4人集まりましたが、0時に1人抜け、3時過ぎに1人たぶん寝落ちで音沙汰がなくなり、2人で3時半くらいまで話して、この辺でお開きにするかとなって終了しました。

カラオケで鵜島仁文さんの「Flying in the sky」と「Trust You Forever」などを歌ってから4時ごろ就寝しました。今日は9時起床だったものの、さすがに寝不足だったので、途中で2時間ほど昼寝して復活しました。

Tower of Fantasy(幻塔)プレイ

昨日PCにインストールしておいた、一昨日リリースされたオープンワールドRPG「Tower of Fantasy(幻塔)」を先ほど2時間ちょっとプレイしてみました。

ゲームを始めると、いきなり謎の獣に追われるところから始まります。SFの世界で、以前プレイしていたオンラインRPGの「ファンタシースターオンライン2(PSO2)」に近い雰囲気を感じました。

途中で主人公の性別を選んで名前を付けますが、原神とまったく同じシステムでした。今回は女性を選んでみました。声は佐倉綾音さんだと思いますが、原神でも登場するので、少し驚きました。

主人公は、ゲーム序盤のアバターで見た目をカスタマイズすることが可能です。

このゲームでは、ガチャで武器とアバターをゲットすることが可能で、武器にアバターがついてくる感じです。早速チュートリアルの無料分で回してみましたが、結果はこんな感じでした。

この世界では、武器と戦闘データを有したアバターがデータベースに登録されていて、ガチャで武器およびアバターのデータを取得して、使用可能となるシステムのようです。思った通りガチャゲーでした。下はゲットしたアバターに変更したところです。

別のアバターもゲットしました。

他のゲームにない特徴として、ジェットパックが挙げられます。原神は高いところから風の翼を使って滑空ができますが、ジェットパックは滑空の機能に加えて、上昇が可能です。原神で例えるとウェンティや楓原万葉の元素スキルで上昇できますが、あれがデフォルトで可能になっています。この上昇によって、ちょっとした高台や川を渡ったりするのに便利です。ただし、ジェットパック使用後にクールタイムがあり、いつでもどこでも使用できないことに注意が必要です。

公式サイトでアバターとキャラの紹介があり、どういう区別かと思ったら、アバターはプレイアブルキャラ、キャラは一般的にはNPCという扱いになっています。シャーリー(戸松遥)とジーク(中村悠一)はすでに会うことができました。

NPCに起用している声優がかなり豪華だと思われ、大塚明夫さん、山寺宏一さんはすぐに分かりました。これに比べて原神ではリリース当初はNPCの声が結構ショボかったので、この点を後発の本作品では改善しているんだと思います。

現状残念な点が2つあり、ムービーシーンの声が飛んでしまう場合があるのと、コントローラー未対応なことです。コントローラーに関しては設定に項目があるので、いずれ対応される予定みたいなので早く実装してほしいところです。

今後も原神と同様、無課金の範囲で楽しもうと思います。

駄散文
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事が面白かったらフォローお願いします!
株式会社自由の森

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました