夜料理・OpenAIチャット・ゲーム探し

駄散文
スポンサーリンク

夜料理

今日の午前中は予定がなかったので、昨夜は軽く飲みながら料理をしました。

最初にキャベツの鶏がらマヨ炒めを作りました。

キャベツの葉2枚の芯を切り取ってスライスしてオリーブオイルで炒めつつ、葉を食べやすい大きさにちぎって炒めたら、鶏がらスープの素で味付けし、器に持ってマヨネーズとコショウを振ったらできあがりです。

最近はアンチョビより鶏がらスープの素がやさしい味がするので、使用頻度が高くなっています。マヨの背徳感で最高の仕上がりになりました。

次はピーマンオムレツです。

ピーマン半分を細かく切って、オリーブオイルで炒めたら鶏がらスープの素を振って卵を割り入れ、かき混ぜながら適当にまとめて、ひっくり返して反対側も火を入れたらできあがりです。気づいたらまた鶏がらスープの素を使っていました。

セロリもそうだけど、ピーマンも昔と比べるとぜんぜん苦くなく、かなり甘く感じます。農家の方たちの努力の賜物だと思いますので、ありがたく頂きたいと思います。

最後は存在を忘れかけていたシュレッドチーズでオムレツチーズを作りました。

シュレッドチーズをフライパンにドバッとぶちまけて、火を入れてとろけてきたら寄せて焦げ目が付くくらいまで焼いたら、コショウを振ってできあがりです。

以前食材がなかったときに適当に作ったら美味しかったので、ワインを飲むときベビーチーズがない場合などにリピートしています。軽く焦がすことで乳臭さが減り、そのまま食べられるようになります。

OpenAIチャット

ここ2~3日の間に「OpenAIチャット」がすごいとTwitterのタイムラインに流れてきて気になったので、下のサイトからアカウントを作って使ってみました。

OpenAI
OpenAI is an AI research and deployment company. Our mission is to ensure that artificial general intelligence benefits all of humanity.

英語ですがわりと簡単なので、Googleのアカウントを選んでサインインして、サクッとアカウントを作って使用目的を個人利用にするとすぐに使えるようになります。

最近悩まされている問題について聞いてみたところ結構有用な答えが返ってきました。下がそのスクリーンショットです。

朝の5時前に上の音で目が覚めることもあって本当に困っているというか頭に来ているんですが、法的に22時から7時までは静かにしないといけないのは知らなかったので、参考になりました。法的に正しいかどうか検索して軽く裏を取りましたが、本当みたいなので法的に攻めるのはアリですね。

上階の騒音は何年も続いており、私自身が和やかな雰囲気で話せる自信はないので、これは却下しますが、まったく想定していない角度からの応答があったので驚きました。これはコーチング殺しの技術の可能性が高く、私が恐れているAIが相談に乗ってくれる未来が思ったよりも圧倒的に早く訪れそうなのが垣間見えたこともあり、今後の方針をどうしようか真剣に考えたほうが良さそうだと感じました。

ゲーム探し

今日で12月に入り、年末年始にプレイするゲームをどうしようかと考えていたところ、友人のパンターさんが昨夜ニコ生で配信していたゲームが面白そうだったので、検索してみました。

METAL WOLF CHAOS XD -メタルウルフカオス-
METAL WOLF CHAOS XD オフィシャルウェブサイトです。

「アーマドコア」などでおなじみのフロムソフトェアが、アメリカ大統領が自ら”特殊起動重装甲”を装備して戦う狂ったゲームでした。制作がフロムと知らずに配信中初見で「AC+インデペンデンス・デイみたいな感じ」とコメントしましたが、本質を突いていて自分で驚いてしまいました。

もう1本、何年か前に見つけてずっと気になっていた「大航海時代Online」の宇宙版みたいなゲームのタイトルをすっかり忘れていて、適当なキーワードで検索したところなんとか見つけることができました。

Save 75% on Elite Dangerous on Steam
Take control of your own starship in a cutthroat galaxy. Elite Dangerous is the definitive massively multiplayer space epic.

おお~これだ!広大な宇宙をソロでウロウロするのがすごく楽しそうです。

駄散文
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事が面白かったらフォローお願いします!
株式会社自由の森

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました