鴨トマスパ・通院できた・人体六〇〇万年史読了

駄散文
スポンサーリンク

鴨とトマトのスパゲティ

端が余っていた合鴨スモークとカットトマト缶で、鴨とトマトのスパゲティを作りました。

まずニンニクとタマネギを刻んで、オリーブオイルで炒め始めるのと同時に鍋でお湯を沸かし始め、鴨を5mmにスライスしてから千切りにして、さらに5mm角に刻んで炒めます。

鴨の脂が溶けたらカットトマト缶半分を投入して、強火にして煮立たせます。お湯が沸いたらスパゲティを茹で始め、茹で時間残り3分を切ったあたりで刻んでおいたケイパー10粒くらいをフライパンで一緒に炒めます。仕上げ用にバジルを一枚千切りにしておきます。

スパゲティが茹で上がったら、ソースと良く混ぜて器に盛り、バジルを載せたらできあがりです。鴨スモークの香りと旨味が抜群で、豚ひき肉やパンチェッタで作るより美味しいです。バジルもなかなかいい仕事をしていました。

鴨のスモークが単体で食べても美味しいので少し勿体ない使い方ですが、私はワインのお供に買っても1回で使いきれずに余らせてしまうので、パスタのソースとして有効活用しています。

通院できた

昨日通院する予定だったものの雨で中止にしたので、今日の分で通風の薬が切れてしまうのと、明日は木曜で休診日で、予定が空いている金曜は弟家族が遊びに来るため今日の午前中しか空いておらず、朝イチだと混むのを見越して10時半過ぎに掛かりつけのクリニックに行ってきました。

お年寄りひしめく午前中なので1時間は待つことを覚悟して行ったんですが、予想に反して15分くらいの待ち時間で呼ばれたので少し驚きましたが、思わず時間が短縮できてラッキーでした。

今日は血液検査と尿検査がありましたが、血液検査の腕をなんとなく左で待っていたら、看護師の方に「いつも左ですか?」と聞かれてそういえば右腕だったことを思い出しました。どうも腕を置く台のポジションがいつもと違うと思っていましたが、いつもと違っていたのは私のほうでした。左でも大丈夫か確認したら大丈夫とのことだったので、そのまま左腕から採血してもらいました。

何度も同じことを言いますが、3回のワクチン接種で注射の比較対象ができたことにより、採血の針が太くて痛いことを認識することになり、ここ最近採血=痛いという図式が成り立ちつつあります。まさに知らぬが仏!

採血したところを2~3分押さえて止血するように言われますが、毎回すぐにトイレに行って尿を採っていますが、これまで全くトラブルがないのでたぶんこれからも大丈夫でしょう。

薬局で薬を出してもらっても1時間弱で帰宅できたので運が良かったです。

人体六〇〇万年史読了

昨日最終章に突入した「人体六〇〇万年史」を今日読み終わりました。

人体は直立二足歩行、投擲、長距離ランナーなどの能力と脳の大きさや発話能力を狩猟採集民として適応する進化をしたものの、農耕牧畜民にクラスチェンジしてからというもの、文化的進化が急激に進んだ結果、栄養状態は劇的に改善しますが、体は狩猟採集に適応したままなので、肥満や近眼などの数々のミスマッチ病に晒されるようになったとのことです。

興味深いのは、これらのミスマッチ病が非感染性であることと、繁殖にそれほど大きな影響をもたらさないことです。簡単に説明すると、肥満由来の高血圧とか2型糖尿病などは中年以降に発症するので、大体生殖活動は行われないということですね。

また、悲しいことに通風もこのミスマッチ病に入っていて、私の場合はおそらく原因が飲酒なワケですが過度のアルコール摂取もよろしくないようです。イヤ、わかっているんですけれども中々…。

予防策としては、適度な(わりと激しい)運動とバランスの良い食事(特に食物繊維多め)しかなさそうなので、筋トレと野菜多めの食事を心がけるようにします。

次の本は『「豊かさ」の誕生』ということで、どうやって人類は経済的な豊かさを手に入れてきたかについて書かれているみたいなので、こちらも楽しみです。

駄散文
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事が面白かったらフォローお願いします!
株式会社自由の森

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました