12歳以上の全人類に読んでほしい『マネーという名の犬――12歳からの「お金」入門 』

本・マンガ
スポンサーリンク

最近インプットとアウトプットのスピードを加速するべく、読んだ本をブログに書く訓練をしています。Kindle Unlimitedでインプット用の本を漁ってますが、その中で素晴らしい本を見つけてしましました。それが、『マネーという名の犬――12歳からの「お金」入門 』です。

ドイツに住むキーラという少女が、白いラブラドール犬と出会ったことをきっかけに、お金だけでなく人生についての様々なことを学んでいきます。

物語形式なのでストーリーに興味を持ちながら本を読み進めていくと、主人公のキーラと一緒にお金について学ぶことができる構成になっています。また、お金の稼ぎ方や投資だけでなく、目標や仕事、自信などについても触れているので、本の通りに実践することができれば、お金に関してだけでなく人生も好転する、いわば成功法則のジュニア版といった内容です。

コーチングを行っている私からすると、お金のことを媒介にしたセルフコーチング本と言えます。

物語は若干ご都合主義的な進行ですが、登場人物がほとんど全員いい人で、必要なときに必要な人が現れるのは人生そのものと言って良いかも知れません。最後まできれいにまとめられているので、ストーリーを追うだけでも面白いです。

私は日本の公教育でお金について学ぶ機会がほとんどないことを憂慮していますが、この本でドイツも同じようだと知って少し驚きました。世界中でお金について教育をしないように、何かの力が働いてい…おっと誰か来たようだ。

「金持ち父さん貧乏父さん」シリーズも読みましたが、この本のほうが入門としてわかりやすいと思います。投資に関しては物足りなさがあるかもしれませんが、初心者がリスクの低い投資を始める点では無難だと感じました。

12歳以上でお金に関する知識と人生訓をこれから学びたいすべての人に読んでほしい本です。わかりやすいので、大人の入門用としてもオススメです。

本・マンガ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
フォローする
株式会社自由の森

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました