ブッカーズのいろんな飲み方を試してみた|株式会社自由の森

ブッカーズのいろんな飲み方を試してみた

bookers-tasting

プレミアムバーボンのブッカーズを久しぶりに購入しました。

今回はタイトルどおり、いろんな飲み方を試してみて、どんな飲み方が合うのか実験してみました。分量や香りがわかるように、付属していたテイスティンググラスを使用しつつ、場合によってはより美味しく頂けそうな器に移し替えています。

スポンサーリンク

ストレート

bookers-straight

オススメ度:☆☆☆

まずはすぐに飲めるストレートから。以前の記事にも書きましたが、とにかく野趣あふれる荒々しい感じで、これぞバーボンの王といった感じです。暴君と言ってもいいかもしれません。まず焦げた木の香りがきて、ガツンと殴られたような熱さが喉を通り抜けます。

ストレートはガッツリとバーボンを味わいたい方や、百戦錬磨の猛者、あるいはドMの方向けです。

63度あるので、結構お酒を飲んできた私でもストレートでいきなり飲むとむせるくらいキツいす。したがって、とりあえずロックをオススメします。

ロック

bookers-rock

オススメ度:☆☆☆☆

基本の飲み方です。ストレートからロックにすると、暴君から女王様に変身します。以前の記事でも書きましたが、キャラメルやバニラの香りがあり、味わいには甘さを感じます。

ブッカーズに初めて出会ったときの感動が、いつでもロックで味わうことができます。

とりあえずストレート→ロックの順で味わうことをオススメします。

水割り

bookers-water

オススメ度:☆☆☆☆☆

個人的には最高です。ただし、ブッカーズ10に対して水7~8の割合の場合です。爽やかな青リンゴと森の香りが立ってきます。ワイングラスで味わうと抜群に楽しめます。香りだけでご飯3杯くらいいけます。

香りを引き立たせるには温度がポイントだと思います。常温(15℃くらい)に冷やした水を加えたら良かったので10℃前後でしょうか。夏場は氷たっぷりでどうぞ。

BSプレミアムで放映していた「あてなよる」でウイスキーに少量の水を加えていくと、香りが変化するというのにヒントを得ました。少しづつ足してベストポイントを探すのが良いそうです。

お湯割り

img_0880

オススメ度:☆☆

なんとなく合わなそうな予感がしつつもトライ。分量はシングルにコーヒーカップが満ちる程度のお湯で。

心の準備をしてかからないと、ストレート同様むせます。温度が高いと香りがとにかくよろしくありません。バーボンのクセを増幅してゴムを焼いたようなイヤな感じです。

ただし、味は思ったより悪くない、というより美味しいです。水割りより薄めなので後味のキレが良いのでスッキリした味わいです。香りに目をつぶれば十分いけます。

ソーダ

bookers-soda

オススメ度:☆☆☆☆

かなりいけます。素材の良さを活かした味わいです。

ブッカーズ1に対して、ソーダ4~5くらいがベストだと感じましたが、お好みでもっとソーダを加えても大丈夫かもしれません。氷を入れないと爽やかさが出ないのでご注意。

ハイボールみたいにレモンスライスも入れてみましたが、風味を殺してしまうのでナシのほうが楽しめます。

コーラ

bookers-cola

オススメ度:☆☆

コカ・コーラを使用。余談ですが、カクテルにはペプシよりコカ・コーラが合います。

美味しいんですが、バーボンのコーラ割りの味です。わざわざブッカーズでこれをやる意味がないと感じました。素材の持ち味が消えている感じがします。

特徴を挙げるとすれば、カラメルの焦げ感が増幅される感じです。おがくず、材木のような木の香りもきます。そして甘い。やっぱりコーラはジム・ビームやジャック・ダニエルのほうが合う気がします。

トニックウォーター

bookers-tonic

オススメ度:☆☆

ウィルキンソンのトニックウォーターを使用。ふつうのカクテルだと思えば美味しいけど、ブッカーズの個性を消して美味しくなっている感じで、これまたわざわざやる必要性はないと感じました。

元々カクテルが、単体で飲みにくいお酒を飲みやすくする工夫から生まれた経緯もあるんですが、クセが個性でもあるのでバランスが難しいところですね。

これは最初から合わない予感がしたんですけど、一応実験なのでやってみました。

ジンジャーエール

bookers-gingerale

オススメ度:☆☆☆☆

ウィルキンソンのジンジャーエールを使用。トニックウォーターからの流れで期待せずにやってみましたが、意外にも合います。これは良いマリアージュだと感じました。

ブッカーズの良い香りと、ジンジャーエールの味と甘みがマッチして、お互いの良さを引き立て合っています。

今回の実験では、この発見が1番の収獲かもしれません。

バニラアイス

bookers-mou

オススメ度:☆

バニラアイスは森永のMOUを使用。ブッカーズからバニラの香りがするので合うと思ってやってみましたが、全然ダメでした。香り同士がかち合って殺し合っている感じです。バニラアイスの甘さも相まって渋みと苦味が引き立ってしまいました。

ただ、混ぜてから溶け切るのを待たずに飲んでしまったので、シェイクのようにしっかり混ぜたらいけるかもしれないという可能性があります。再検証の必要ありかもしれません。

MOU、余った分はしっかり頂きました。ミルクがこってり濃厚で美味しかったです。

ミルク

bookers-milk

オススメ度:☆☆☆

雪印メグミルクの特濃使用。バニラアイスがダメだったのでミルクもダメかと思いましたが、案外いけます。バーボン特有のトゲトゲしさが消えてまろやかになります。

実はウイスキーのミルク割りは以前やったことがあったので、いけると踏んだら当たりでした。ミルクキャラメルみたいな香りで、バーボン特有のトゲトゲしさが消えてまろやかになります。

写真をご覧の通り、成分が若干分離気味なのはご愛嬌ということで。

まとめ

我ながらここまでやるかと思いましたが、なかなか面白い結果を得られたので良い経験になりました。

ブッカーズは基本的にロックで飲むものと思っていましたが、これからは水割りが定番になりそうです。寒い日は香りはアレですけどお湯割りも良いですね。

ジンジャーエールに関しては完全についでだったので、美味しくて驚くとともに、新しい発見ができて嬉しいです。

この記事をご覧になったあなたも、ぜひ自分に合った飲み方を見つけて楽しんでみてください!

スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェア!

フォローして最新情報をゲット!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
トップへ戻る