時は動き出す

駄散文
スポンサーリンク

タイトルは「ジョジョの奇妙な冒険」第3部で、長年の仇敵ディオのスタンド「ザ・ワールド」が時を止めて再び動き出す場面のセリフですが、一昨日から昨日にかけてネットが止まった私は、まさにそんな気分を味わいました。

現在、仕事を始め交友関係まで、ほとんどの活動がネットありきなので止まってしまうと本当に何もできません。

すべては常時接続から始まった

フレッツADSLをサービス開始の翌年となる2001年に導入してから、インターネットに繋ぎっぱなしの「常時接続」が始まったわけですが、これまでダイヤルアップ接続で単発的に使っていたインターネットがいつでも使えるというのは革命的な出来事でした。

年表で振り返るブロードバンドの歴史(第1回:通信・回線編)

1990年代後半に速度288kbpsのモデムでダイヤルQ2回線を使ったプロバイダ、インターQでYAHOO!にアクセスして、電話料金を気にしながら見知らぬ人たちとチャットをしていたのが懐かしいです。

常時接続になってから(というかADSLになってから)は速度も爆速になり、1MBのダウンロードに1時間掛かっていたのが数十秒になって感動しました。アナログモデム時代は画像をダウンロードするのも命がけみたいな状況で、PC雑誌の付録にフリーソフトを収録したCD-ROMが付いてくるのが当たり前でした。

初のインターネットは最初期のブラウザ、インターネットエクスプローラーやネットスケープナビゲーターを雑誌のCD-ROMからインストールして接続しました。最初はブラウザもOSに搭載されていないような状態でした。

また、電話回線を使用しているのと様々なインフラが整備されていないため、使用料は従量課金というかまんま電話料金で、使った時間だけ課金されるシステムでしたが、夜間に使い放題のテレホーダイというサービスがありました。23時から翌8時が俗に言う「テレホタイム」で、逆に回線が混むといった状況がありました。

そんな中登場した、フレッツADSLの常時接続はメチャクチャすごいインパクトがありました。それまで夜間限定だったインターネット接続が、いきなり24時間使い放題になるわけです。

このあたりから、MSOffceを使って資料を作成するようになったり、仕事でもメールを日常的に使うようになり、ロータスNotesなどのグループウェアが導入されて、ビジネスの速度も爆上がりしました。これ以前は一太郎(ワープロ)とかロータス123(表計算)とかも使われていたんですけど、会社のPCはクリエイティブ系を除き主にWindowsで、オフィスソフトは親和性の高いMSOfficeに食われていったのは必然だったかもしれません。

私はスケジューラーのロータスオーガナイザーが手帳風のデザインなどを含め気に入っていたんですけど、まずはNotesになり、最終的にはOutlookになるわけです。個人の感想ですがOutlookが苦手で、現在スケジュールはGoogleカレンダーに集約しています。

ゲームの世界も常時接続で変わりました。プレイヤーが一同に会する、オンラインゲームの登場です。

今はなきPCゲーム雑誌のログイン(アスキー)で、堀井雄二さんが「虹色ディップスイッチ」という連載をしていましたが、インターネットが普及しはじめた90年代中盤辺りにドラクエもいずれオンラインゲームでやりたいと仰っていて、時を経て2012年にドラゴンクエストXがリリースされ、オンラインのドラクエが実現します。

ドラクエXは思い出深いゲームで、なんとβテストに当選して、Wii版のソフトとUSBメモリが送られてきて、ドラクエ好きの人たちとオンラインでワイワイ言いながらプレイしてすごく楽しかったです。

印象深いのが、ゲーム内で詐欺が横行して、大人のプレーヤーが確率がまだわからない子供に絶対勝てないゲームを仕掛けた挙げ句ゴールドを巻き上げていて、問題になりました。どうしてこんな考えたらすぐわかるインチキをやるんだろうと思っていましたが、ターゲットが子供ということで大変エゲツないと思いました。

オンラインゲームはそういう闇の面も含めて、協力プレイとかトラブルなど人間関係も反映される社会の縮図だと強く感じたのを覚えています。私はゲームの世界にまで、こういう面倒なことを持ち込みたくないので、ネトゲでもソロプレイが基本です。どうしても必要な場合は、野良パーティー(固定メンバーじゃない、その場限りのパーティー)で挑むようにしています。

ドラクエXは発売日に製品版を購入して、2週間後くらいにラスボスを倒しましたが、野良パーティーでサポートがメチャクチャ上手な人がいました。その人はラスボス前のボス戦で一緒になった人で、バイキルトとかピオリムのいわゆるバフをタイマーで管理しているっぽいネトゲ上級者(廃人ともいう)の人で、深夜1時ごろにラスボス戦に誘ったら来てくれたので、一緒に戦って見事倒すことができました。私も寝る間を惜しんで廃人プレイをしていたので、当時最速組1%くらいに入っていたんじゃないでしょうか。

今年はドラクエとファミ通35周年ということで、この記事を書こうと思いましたが、ファミ通は乗り換えで最初は徳間書店のファミリーコンピュータマガジン、いわゆるファミマガを読んでいました。弟が正月に買ってきたファミ通のノリのほうが面白かったので、乗り換えた次第です。現在35周年記念の別冊を読んでいるので、明日あたり何か書ければと思います。

本当はもう少し時に因んで書こうと思ったものの、話がスライドしまくったけど気にしないでおきます。

駄散文
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
フォローする
株式会社自由の森

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました