外出できず・ZWIFT検討・視聴減量

駄散文
スポンサーリンク

足の疲労で動けず

今日は昨日クロスバイクで行った海の公園の余波が足に来てしまい、ダルくて動けませんでした。さすがにいきなり往復10km超の距離はキツかったようです。そのため今日は足の休息日にして、外出はしませんでした。

その代わり、今週から増量した筋トレは行いました。無理のないように2セットにしましたが、上半身は決めている回数を行ってスクワットとかかと上げは少なめで調整しました。

最近何気なく鏡を見たら、結構胸が膨らんできているような気がしましたが腹筋がくっきり見えていない状態なので、それほど格好良くないのが現状です。ガチムチよりボクサーのような体型が理想なので、体脂肪率を今の20%前後から15%以下に落としたいところです。

筋トレは習慣化できているので、有酸素運動を行っていないのが原因だとわかっていますが、いきなり自転車10kmは無理だったので調整が難しいですね。今はコロナ禍での外出自粛が染み付いてしまい、外に行くのが億劫ですが何とか毎日出かけるのがベストだと思います。

習慣化にはスモールステップで始めると効果が高いことが経験としてわかっているので、距離に関わらずとりあえず自転車で走ったらOKということでやってみようと思います。

ZWIFT導入を検討

コロナ禍で室内でも有酸素運動ができるように考えていましたが、ちょうどいいものがありました。それがZWIFTです。

Zwift | The at home training app connecting cyclists around the world
A virtual playground for training and smashing your goals. Structured workouts and social group rides. Widely compatible. Trusted by the pros. Try free for 7 da...

室内に置いた自転車にセンサーを取り付けて、PCなどでデータを取り込んでアプリで自転車を走らせるシミュレータです。月額1650円掛かりますが、天候に関係なく室内でいろんなコースを擬似的に走れるのはかなり面白そうで、気になっています。

素体となる自転車にサイクルトレーナーを付けて、センサーを付ければPCはあるので利用できるみたいです。最安構成だと以下のものが良さげです。

サイクルトレーナーはベストセラーのもの。

センサーはXOSSのもので、このセットはZWIFT対応のようです。

プロジェクターとスクリーンを用意して、ZWIFT部屋を作ってしまおうかと考えています。

このためには素体の自転車が1台必要なので、今乗っているクロスバイクを使うとして外で乗るための新しい自転車が必要ですが、フレームやホイールなどのバラで揃えたパーツを組み立てるいわゆる「バラ完」というやつをやってみようと思っています。フルカーボンで作ってみたいので、予算10~15万円くらい掛かりますがコロナ禍を乗り切れたらご褒美に作っちゃおうかな。

土日番組多すぎ問題

近年テレビ番組は時短のため全部録画して視聴していますが、土曜と日曜はそれでも1日潰れてしまうくらいアニメと特撮が多いので頭を抱えています。土曜に飲み会が入ると(自分で主催しておいてアレですが)遅れを取り戻すためにほぼ1週間掛かります。

昨日は疲れて早めに寝てしまったのと、原神のイベント挑戦が開放されたのでプレイしていたら、ONE PIECEを観終わるまでに20時くらいになっていました。今回の原神のイベントは時間が掛かるので、コンテンツが充実していてい嬉しい反面悩ましいです。

まあネットを見たりいろいろして録画だけを観ているだけではないものの、気づいたらウトウトして見直したりして夜になってしまった感じです。いつもやっているパスタ作ったりコーヒー飲んだりもできませんでした…。

この後も大河ドラマの「青天を衝け」やアニメ、ディスカバリー傑作選などがあって、自分で選んでいるとはいえ結構大変です。対策としては、まず当日に消化することにこだわらず、他の曜日に分散して観ることが考えられます。他には土日の番組で外せるものがないので、他の曜日で切れるものは切っていくことです。

一応土日は休日に設定しているので1日中観続けていても問題ありませんが、せっかく運動量を増やす決意を固めたのに外出できなくなるのは避けたいので、何とかうまくやっていきたいと思います。ここを何とかしないと原神以外のゲームはプレイできそうにないので、期待の新作ラッシュの来年2月までには体制を整えていきたいところです。

駄散文
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事が面白かったらフォローお願いします!
株式会社自由の森

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました