PS4のSSD換装・ネット収納の固定

駄散文
スポンサーリンク

PS4のSSD換装

昨日手を付けたものの全くダメだったPS4のSSD換装ですが、ディスククローンを諦めて通常のセーブデータをUSBメモリにバックアップして、アップデートファイルをUSBメモリに保存して、USBメモリからシステムをインストールする方法で行ったらあっけなくうまくいきました。

480GBのSSDは失敗したディスククローンの中身が入ったまま接続しましたが、問題ありませんでした。

USBメモリはPS4の元々スクリーンショットをPCで使うためのもので、PS4フォルダができているので、そこにUPDATEフォルダを作成してダウンロードしたシステムアップデートのファイルを置くだけでOKでした。

USBメモリをPS4に接続して電源を立ち上げたら、十字ボタン(重要)で「はい」を選択すると15分くらいでインストールが終わり、昨日散々苦労したのは何だったんだ、というほどあっさり終わりました。最初からこっちでやれば良かった…。

最初SSDのコネクタの向きを間違えて接続できず、ストレージを認識しないエラーがありましたがそれはご愛嬌です。

インストールが終わったら正常に立ち上がって、プレイステーションネットワークにログインして、セーブデータや各種設定を元に戻したら作業終了しました。たぶん1時間も掛かっていません。

当初予定していた480GBのSSDを本体に内蔵して、1TBのSSDは外付けで使うことができるようになりました。昨日外付けSSDにインストールし直した原神もそのまま使えて助かりました。

PCとUSBメモリがあればメチャクチャ簡単に換装できて感動しました。特に原神の実行速度が速くなったなどの効果はありませんでしたが、SSDにしたことで寿命も5年は伸びたと思いますが、そろそろPS5に移行したいので微妙なところです。

また、過去にインストールしたゲームも結局ほとんどやることはないので、年末ということもあり大掃除として容量を空けるイベントとしても良かったんじゃないかと思います。

ひとつ残念なのは分解した外付けSSDのケースが元に戻らなくなって一部隙間が空いていることですが、まあ仕方ないところです。

ネット収納の固定

最近デスクの上が雑然としていたので、左サイドにネットを設置して小物を立体的に収納するようにしましたが、掛けたラックの重さでデスクに傾いて来てしまうのを何とかするべく考えていました。

上に突っ張り棒を渡して、左側はネットに固定して、右側はデスクの棚の淵に耐震シールで固定することで解決しました。

さらに突っ張り棒に取り回しが邪魔くさかったデスクライト固定して、デスクの上がかなりスッキリしました。イヤ、まだゴチャゴチャしていますがこれから整理します。

 

 

 

 

 

 

 

 

デスクライトは仮付けで、明後日まで持てばいいので雑にマスキングテープで固定しています。この機会にデスクライトを新調すべく、LEDライトを注文しました。

いい感じに黒いものがあったので、こちらにしました。実は注文してから今のデスクライトを上に固定しましたが、かなりいい感じになって新しく買う必要はなかったんじゃないかと思ったのは気のせいでしょう。

デスクの整理収納は何年も気になっていた問題でしたが、数百円で解決してしまうとは驚きです。

ふだんコーチングを行っていて感じることですが、「本気で何とかしようと思ったら半分は解決している」ということを改めて実感しました。なにか問題がある場合は、まず問題を意識の俎上に載せるのが重要ですが、なかなか気づかないのが難しいところです。

新しく注文したライトも電源がUSBなので、どう接続するかはまた考えるとします。

 

駄散文
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事が面白かったらフォローお願いします!
株式会社自由の森

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました