雨が降ったり止んだり・車のキーレス電池交換

駄散文
スポンサーリンク

雨が降ったり止んだり

ここ数日はスカッと晴れた日が少なく、今日も雨が降ったり止んだりを繰り返していて、買い出しに行けないためそろそろセロリ成分を充填しないと禁断症状が出そうです。

午前中、チュンチュンと鳴き声が聞こえたので見てみると、スズメが雨宿りに来ていました。ボヤケたように見えていますが、スズメを驚かせないように窓を開けず網戸越しに撮ったのでこんな感じになりました。

写真を撮ったからもういいか、と思った瞬間もう1羽現れました。なにこれかわいい。

しばらく2羽でチュンチュン鳴いていた気がしますが、雨が止んでいるタイミングで飛び去ったようです。

また、先日Amazonで自転車のリアバッグを購入したんですが、使う機会がなく間もなく1週間が過ぎようとしています。

ところで、買ったときは1080円だったのでハズレでもいいかと思って即ポチりましたが、今見てみたら3080円になっていて驚きました。ラッキーなことに最底値で購入できたみたいです。

容量が12Lもないような気がしますが、とりあえず1Lのペットボトル2本とワイン1本が入ることを確認したので、早く試したいですね。

コーヒーとフィルターが切れて1週間経つので、雨が振らないタイミングでまずはお試しでこのバッグで金沢八景のイオンに入っているカルディに行きたいです。

これから暑くなってくるため、リュックだと背中が蒸れますがこのバッグだと快適になりそうなので、自転車のメンテ道具を持って海の公園でお手入れしたいですね。

車のキーレス電池交換

午前中母から電話で呼び出しがあり、車のエンジンが掛からないから様子を見てほしいと言われましたが、超絶ペーパードライバーの私が行ってもムダだと思いつつ仕方なく行きました。

何をやってもというか父がいつも通りにやってもエンジンが掛からないので、簡易マニュアルの手順通りにやってもダメでした。そこで先日キーレスリモコンの電池が切れたことを思い出し、これまで全然知りませんでしたがリモコンと連動してエンジンが掛かる仕組みになっていて、電池がないとダメなんじゃないかと気づきました。

余談ですがそう言えば、この仕組みを悪用して離れた場所から玄関にあるリモコンの信号をブーストして、車を窃盗する事件をニュースで見たような気がします。

父は先日も書きましたが運動機能が弱りまくっているため「車がない=足がない」なので、仕方なく私が自転車を飛ばしてヤマダ電機に行き、リモコン用の電池を買ってきました。土曜に父が買いに行くと言っていましたが、信用せずに先日分解したときに電池の型番をメモっておいて良かったです。

キーレスリモコンを分解して電池を交換しました。土曜に分解したときに初めて知りましたが、リモコンの中に物理キーが収納されているんですね。

もうひとつの分解済みの本体が見当たらず、父に探すように言いましたが全然見つけられずにボーっとしていて、5分くらい経ってもどこにもなかったので父が着ていたウィンドブレーカーを見たらポケットにありました。父は自分の行動を思い出すことが困難になっっているようです。トラブルよりこっちのほうがヤバいですね。

ということでどちらが予備かわかりませんが、リモコンは2つとも電池を交換して、私自身でエンジンが掛かるかどうか確認をしたので作業終了しました。

動作確認を怠らないのは前の仕事が品質管理だったのでイヤというほど仕込まれたからです。トラブルが日常的に発生していたため、トラブル解決についてもかなり鍛えられたので、大抵のことは慌てず対処し、割と早い段階で最短ルートを見つけて解決できるようになりました。再発防止対策についても色々と考えたので鍛えられています。

そういうことで次に電池切れになってもすぐに対処できるように、予備の電池を買っておきましたが、父が保管するとなくしそうなので私が保管することにしました。

さらに、数年後に電池が切れると思うので、忘れても良いようにObsidianにメモっておきました。ここまですれば万全でしょう。

駄散文
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事が面白かったらフォローお願いします!
株式会社自由の森

コメント