セロリとナスのひき肉スパ・交渉終了・原神:アップデート

駄散文
スポンサーリンク

セロリとナスのひき肉スパゲティ

今日は肉を食べないとスタミナが不足しそうだったので、セロリとナスのひき肉スパゲティを作りました。

まずはニンニク半かけをスライスしてナス半分を8mm角くらいに切って、オリーブオイルがキレているので鶏油で炒めました。ナスが油を吸ってきたらひき肉40gを投入し、色が変わり始めたらスライスしたセロリを投入して、コショウを振ります。

このあたりでスパゲティ80~100gを茹で始め、片栗粉大さじ1を水100mLで溶きつつ、麺つゆ大さじ1を加えてよく混ぜます。スパゲティの茹で時間が残り2分を切ったら、水溶き片栗粉をフライパンに投入して、強火でとろみを付け、茹で上がったスパゲティと和えたら完成です。

今日はひき肉を入れるタイミングがちょっと早かったようで、焦げ目が付き始めていましたが、これはこれで香ばしくて美味しかったです。油をよく吸ったナスとセロリが肉と絡んでかなり美味しくできました。今日は、ひき肉を焦がすのがアリだとわかったのが収穫ですね。

交渉完了

日曜から始まった両親サポートの話し合いですが、昨夜ブログをアップした直後にようやく話がまとまりました。私が主体となって動いて、最初は両親1万・弟2人が各1万の負担で提案しましたが、話が決まった後に母と上の弟がゴネたので、結局下の弟が折れてくれて、下の弟2万・上の弟1万で話をまとめてくれました。

口座番号を送ったら、すぐに下の弟は日曜にくれた1万円にプラスして1万円振り込んでくれました。上の弟は話がまとまる前から、契約書を書けとか両親に優しく接するようになど条件を出してきましたが、「契約書は別料金でイヤだったら払わなくて結構です」と送ったら、それから音沙汰がなくなりました。「金払いの悪いやつほど文句が多い」を地で行っていてワロタwww

今回の件で、いざという時に誰が本当に頼りになるか、何が障害になるかが把握できたので本当に良かったです。付け加えると、母と上の弟は性格が似ていて、自分は楽をして美味しいどころ取りするのが大好きです。今回話し合いの決定事項を「親が~」「家族が~」と感情論でぶち壊してくるところまで全く同じだったので、乾いた笑いしか出ません。

イヤ普段なら優しさの現れで済ませることができますが、もう父の認知機能が著しく低下することによって非常事態に突入して、今後これが日常になるため、私も感情論や精神論で何とかできる甘い状況じゃなくなるのを予見して、仕事として対価を頂いてきっちり対応する覚悟料としての意味合いも兼ねているし、日曜にその説明もしたんですがダメだったのでこの2人に関しては諦めました。あともう状況が始まっているのにも関わらず、判断が遅いのも当てになりません。

上の弟は現状無課金なのに思うところがあるようですが、とりあえず昨日は午前中に30日分のピルケースを追加で買って薬を1日分ごとに分けて、母が父に薬を確実に飲ませる仕組みを整え、今日も買い物に行ってきたのと、上の弟が母の携帯に登録した使えないタクシー会社の番号を月曜に実地で検証して確実に使える番号に入れ換えたので、これを淡々と繰り返して圧倒的な実績で黙らせようと思います。

また、今日までちょうどプライムデーだったので、50Lのガチリュックをポチりました。ここまで大きいのはいらないかもしれないけど、買い物の際に容量不足でパンクという事態は避けられそうです。どれだけ入るのか、使うのが楽しみです。

原神:アップデート

今日から原神がバージョン2.8にアップデートされました。アップデート作業と不具合に対する詫び石で、限定ガチャの石が12個になったので早速ガチャを回しました。

紫だったので星4確定で、完凸済みの凝光(CV.大原さやか)が来てダメか…と思っていたら、新キャラの鹿野院平蔵(CV.井口祐一)が出てくれました。久しぶりの新キャラ一発ゲット!レベル60まで上げて、軽く戦ってみましたがかなり使いやすいですね。

その後も祭礼の大剣が出て、星4が3つ出たので大当たりでした!

楓原万葉(CV.島崎信長)狙いでしたが、これで70連回したと思うので次の10連あたりで来てくれると期待しています。

万葉をパスして確定を草元素のティナリ(CV.小林沙苗)に取っておく作戦も考えましたが、新エリア実装が今バージョンと次バージョンの2連発あるので、何とか原石が間に合うと信じて両方お迎えできる可能性に賭けてみます。

明後日からは金リンゴ群島のイベントも始まるので、メチャクチャ楽しみです。

駄散文
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事が面白かったらフォローお願いします!
株式会社自由の森

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました