鴨ボナーラスパ・”ASTLIBRA Revision”クリア・夜料理

駄散文
スポンサーリンク

鴨ボナーラスパ

今日は鴨のスモークを使って、カルボナーラ風のスパゲティを作りました。

ニンニクをスライスしつつ、鴨or合鴨のスモーク2cmくらいを4mm×5枚のスライスにして、さらに4mm角くらいに刻んでいきます。

お湯を沸かしてスパゲティを茹で始めてから、ニンニクをプライパンの端でオリーブオイルで炒めつつ、刻んだ鴨を真ん中に乗せて脂を溶かしていきます。

ここで卵を割って溶き、コショウを振ってよく混ぜておきます。

鴨の脂が溶けたらニンニクと混ぜて、茹で時間残り3分で青ネギを入れて火を通します。茹で時間残り1分でフライパンの火を止めて温度を下げます。

スパゲティが茹で上がったら卵と絡めてから、フライパンに投入して弱火にして混ぜながら好みの硬さになるまで卵に火を入れたらできあがりです。

今日は仕上げを中火でやってみたら、思ったより早く卵に火が入ってしまいました。とは言え、鴨スモークの香りと脂が卵とネギに絡んですごく美味しいです。これはお金を取れるレベルだと思います。

“ASTLIBRA Revision”クリア

ここ2週間ほどプレイしている2Dサイドビューアクション”RPGのASTLIBRA Revision”ですが、昨日防御力を1500上げてラスボスに臨んだところ、思ったよりもダメージを低減できたので時間は掛かりましたが2回目で倒すことができました。

1回目は猛毒のカウントダウンで即死してゲーム―バーになったので、2回目は猛毒のカウントダウンが2桁になってから血清を使って即死を免れました。また、毎回耐えきれずにゲームオーバーになっていた厄介なクロスビームのダメージがかなり減ったので、余裕で耐えられるようになりました。

ラスボス対策で強くするついでに必要な条件を満たしたようで、真のエンディングを観ることができました。残念なことに条件分岐前のエンディングを見逃してしまいました…。

GROWもすべて開放することができ、見事に”ASTLIBRA REVISION”の文字が浮かび上がりました。フリー版から”REVISION”が増えています。

「超究切断レーザーブレード村正」という武器も入手しました。熟練度MAXにすると衝撃派が出て武器として使えるようになります。

ラスボスはわりと余裕で倒せるようになったものの、闘技場の最後の挑戦「ファイナルファイト」が全然クリアできないので、宝石の強化素材になるヒヒイロカネを採掘すべくラストダンジョンをボチボチと周回中です。カロンのスキルが1枠埋まっていないため、おそらく最後の装備が手に入ると思うので頑張ります。

今のところ、プレイ時間は79時間42分です。もうすぐ80時間になりますが、完全クリアまでもう少し掛かりそうです。

夜料理

昨夜はついに”ASTLIBRA Revision”のラスボスを倒して真エンディングを観ることができたので、お祝いで軽く飲み食いしたので適当に料理を作りました。

ピーマンがあったので、刻んでオムレツに仕込みました。

ピーマン1個分の上下をカットして、青椒肉絲の要領で細切りにして、さらに長さを半分にしてオリーブオイルで炒めたら、卵を投入して菜箸でグルグル混ぜて端に寄せてトントンして返して火が通ったらできあがりです。ただのオムレツですが、ピーマンの風味があって中々美味しかったです。

しめじも1束残っていたので、タマネギと一緒に炒めました。

まずはタマネギをスライスしてバターで炒めて、透き通ってきたら石突を切り取ってバラしたしめじを投入し、水分がなくなるまで炒めます。麺つゆ大さじ1を軽く焦がしつつ混ぜたら、コショウを振ってできあがりです。見た目がアレですが、バターと麺つゆの旨味をまとったしめじがツマミにぴったりでした。

駄散文
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事が面白かったらフォローお願いします!
株式会社自由の森

コメント