無料でも楽しめるオープンワールドRPG「原神」

ゲーム
スポンサーリンク

2020年11月から、オープンワールドRPGの「原神」を始めました。

原神——冒険に満ちたブランニューワールドへ
"物語は幻想大陸「テイワット」から始まります。皆さんは「旅人」に扮し、広大な世界を自由に冒険することができます。そこで、性格や能力も異なる個性的な仲間たちと出会い、待ち受ける試練、強敵に共に立ち向かっていきます。果たして、その先に待ち受けているものとは————miHoYoが贈る新世代のオープンワールドゲーム『原神』"

スマートフォン(Android・iOS)・PS4・PC(Windows)に対応しています。私はPS4でプレイしています。

オープンワールドRPG+ガチャゲー

原神は至るところで「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(BotW)」に同じようなオープンワールドRPGと評されています。BotWは未プレイなので私がプレイしたことのあるゲームで例えると、キャラと武器をゲットするのにガチャを引く必要があるため、スマホゲームの「白猫プロジェクト」をオープンワールドにして、演出をド派手にして探索および攻略をてんこ盛りにした感じです。

後発なだけあって、オープンワールドRPGの面白さとガチャゲーの仕組みをうまく取り入れて、ゲームとして機能するように仕上がっています。

フィールドにある宝箱をコツコツ集めることで冒険ランクのポイントが入ったり、神の瞳を神像に奉納することでレベルアップ時にダッシュ・泳ぎ・登り・滑空の時間を伸ばすスタミナが増えるなど、メリットがあることでフィールド探索が飽きない作りになっています。

特に原神の特徴と言えるのが、冒険ランクおよび世界ランクの存在で、冒険ランクを上げるとキャラと武器のレベル上限が開放でき、世界ランクを上げると敵が強くなる代わりに報酬が良くなるなど、ガチャを多く回して強キャラ・強武器をゲットしただけでは強くなれず、私もその一人ですが歯ごたえのあるゲームを好むプレイヤーを燃えさせる要素になっています。

ただし、ランクを上げたり、レベル上限を突破するためのハードルが強敵撃破で結構キツイので、ガチャを回す強い動機になるとも言えます。

さらに時間で回復する天然樹脂、いわゆるスタミナのシステムがあります。キャラと武器を強化のするための素材や聖遺物(後述)をゲットするために必要で、より多く手に入れるためには課金する必要があります。

高所からの飛行(滑空)が気持ちいい

原神では、風の翼というアイテムで空を滑空することができます。これがメチャクチャ気持ちいいんですよね。序盤からすぐに飛べるので、高いところはとりあえず登って飛行、という習慣が出来上がります。

下は、初めてゲットした星5キャラの甘雨が飛行している様子です。

元素属性は7種類あり、組み合わせでさらに強く

元素の属性が風・岩・雷・炎・水・氷・草の7種類あり、味方も敵も特定の元素属性を持ち、相性があるので、キャラのチーム編成でボス戦が楽だったりキツかったりします。

キャラには元素スキルがあり、攻撃や回復、シールドなど、様々な効果を発揮します。また、元素爆発という各キャラ固有のスキルがあり、これは集めた元素ポイントを消費することで発動します。

さらに、元素の組み合わせで起こる元素反応があり、炎×水で蒸発など、違う元素が組み合わさると様々な効果を発揮します。この元素反応のおかげで、無課金の星4キャラでも工夫次第で強敵を倒すことが可能です。

元素の相性も、強キャラ1人で全て攻略するのが難しい要因で、ガチャを回す大きな要素になっていると言えるでしょう。

武器は5種類でキャラごとに固定

武器は、片手剣・両手剣・長柄武器・弓・法器の5種類で、各キャラが使えるのは1つの武器種です。

星5はガチャのみ、星4以上の武器は基本的にガチャですが、イベントや紀行任務の報酬などでも入手可能です。

各武器は固有の特殊能力(とこの記事では呼びますが、正式名称不明)を持ち、同じ武器を素材にする強化の「精錬」によって特殊能力を高めることが可能です。

下はイベント武器の腐植の剣(星4)精錬ランク5で最大です。モデルは星5の刻晴。

武器のステータスをアップにしてみましょう。「底なしの渇望」が特殊能力です。

聖遺物のステータスがランダムで、ハクスラ要素あり

原神には、一般的なRPGでのアクセサリーに相当する聖遺物があります。この聖遺物がキャラのビルドに大きな影響を及ぼします。

聖遺物はキャラ1人につき、花・羽・杯・時計・冠の5種類を装備することができ、攻撃力やHPなど様々なステータス上昇効果があります。キャラや武器の性能はレベル以外固定ですが、聖遺物に付与されるステータス効果がランダムで、このゲームにおけるハクスラ要素となっています。

また、同じ種類のものを装備することで、DIABLOシリーズのセットアイテムのようなセット効果が付与されます。セット効果は同じ種類2つおよび4つ装備した場合に付与されるので、4つセット×1種類または、2つセット×2種類の組み合わせが可能です。

 

セット効果は攻撃系・防御系・チャージ系・回復系などがあり、キャラ及びチームの戦術によって、攻撃特化にするか、攻防一体にするか、回復役にするかなどを割り当てることができます。(回復スキルのないキャラは回復役になれませんが)

キャラゲーとしても楽しめる

ガチャでキャラをゲットするシステムなので、必然的にキャラゲーとしても秀逸です。イケメン、美女、ロリ、ショタ、メガネ、猫耳、中二病、半妖、キョンシーまで、あらゆる属性にヒットするようなキャラが揃っています。さらに眼帯キャラが3人います。

ボイス付きで、仲間になるキャラには人気声優を惜しげもなく使っているので、尊さがマシマシです。主人公の性別を女にすると悠木碧さん、必ず仲間になるガイアが鳥海浩輔さん、リサが田中理恵さん、バーバラが鬼頭明里さんで運営有能すぎワロタwwwと言いたいです。好感度を上げるとストーリーやボイスが開放される点も、キャラの育成に気合が入る要素のひとつです。

また、各キャラに確率で料理の数が増えたり、素材が一部返還されたりと、バトル以外の特技があり、コンプリートしたくなる仕組みになっています。

お試しで未入手キャラを操作可

ガチャを回させる仕組みとして強キャラのお試し要素があり、ストーリーなどの要所要所で星5キャラを仲間として使うことができます。

メチャクチャ強いので、すごく楽だったり、逆にボスが強すぎて仲間にいないと絶対勝てなかったりするため、仲間にしたい欲が上がりまくり、ガチャを回すときに熱くもなります。

この点についてはビジネス面でもよく考えられていると思い、感心しました。

綺麗な風景に加え、キャラのレンダリングも最高レベル

PS4でプレイしているため、PS4のゲームとしての評価ですが、オープンワールドなので、世界が綺麗に描かれているのは必須条件だと思いますが、世界のグラフィックに関しては”Horizon Zero Dawn”に匹敵するレベルだと思います。

観測範囲がそれほど広くないので個人の感想ですが、キャラについてもアニメ調のレンダリングでは最高レベルだと思います。好きなゲームなので比較対象にしたくありませんが、以前プレイしたイース8よりクオリティが高いのは確かです。

音楽はロンドン・フィルハーモニー管弦楽団が演奏

BGMはオーケストラで、見出しのとおりロンドン・フィルハーモニー管弦楽団が演奏していて最高です。

オープニング画面を流しっぱなしにしているだけでも癒やされます。

こういうところにもコストを惜しまない点がすごいですね。さすが制作費110億円!

七神が治め、現実世界を模す7つの国

原神の世界、テイワット大陸では、7つの国を7人の神が司っていて、各元素がそれぞれの国に対応しています。

国を司る神は七神と呼ばれ、人の姿を持ち、驚くべきことに仲間の星5キャラとして登場し、ガチャで引くことができます。持っていないのでお試しでの感想ですが、神懸って強いです。

また、現在はモンドと璃月の2国しか開放されていないものの、テイワット大陸の国は名称や言葉などから、現実世界の国がモデルになっていることが伺えます。具体的には、モンド→アメリカ、璃月→中国、スネージナヤ→ロシア、稲妻→日本といった具合です。

日本のオタクコンテンツをかなり研究している

ガチャで入手可能なプレイヤーキャラで海賊の「北斗」の船が「死兆星号」だったり、武器に「飛天御剣」があったり、NPCに狩人(ドイツ語でイェーガー)の「エレン」がいたりして、単に好きなだけかもしれませんが、日本のオタクコンテンツをかなり研究している印象です。

ゲーム開始画面でメーカーロゴが表示されますが、ロゴの下に”TECH OTAKUS SAVE THE WORLD(技術オタクが世界を救う)”と銘打っていますので、看板に偽りなしといったところでしょうか。

無課金でもなんとか攻略可能、ただしマルチプレイは必要

冒険ランク45までは無課金、つまり初期キャラ(旅人・アンバー・ガイア・リサ)+途中で必ずゲットできるキャラ(ノエル・バーバラ・香菱)だけでストーリーや秘境は攻略できました。

無課金分でガチャ(祈願)を引いていますが、年内は悲しいことに星5キャラも武器も出ませんでした…が、年が明けて、星5キャラの甘雨と刻晴をゲットしました!無課金なので素材が全然足りず、甘雨しかレベル80になっていませんけどコツコツいきます。

高難度のイベントや高レベルの秘境(素材獲得の試練場)がソロだとキツイので、マルチプレイでしのいでいますが、イベントが野良マッチングに対応していないものもあり、今後はフレンドを増やさないとダメかも知れません。相手の世界に申請を出して許可してもらって入るのは、ゲームになるべく人間関係を持ち込みたくない私にとってハードルが高いです。

というか、プレイヤー同士に人間関係を作らせて簡単にやめられないようにすることが目的の、中々エグい戦略だと思います。

まとめ

原神は、オタクコンテンツを研究し尽くしたクオリティが非常に高いオープンワールドRPGです。GDPで日本を追い越して、アメリカに次いで2位になった中国のメーカーがついに本気を出したきたと感じています。

オープンワールドRPGにガチャでのキャラおよび武器ゲットのシステムをぶち込んでくる点やお試しのシステムは、課金の闇と表裏一体ですが、ビジネス面でも非常に練られていることが伺えます。

また、PC・PS4・スマホでのクロスプラットフォームかつ同時にマルチプレイ可能という狂ったチャレンジを高く評価したいと思います。

キャラも魅力的かつボイス付きで、ストーリーや謎解き、元素反応などのバトルシステムも面白く、アニメーション演出も高いクオリティでプレイヤーをワクワクさせてくれます。

ゲーム歴40年以上の私が、自信を持って超絶にオススメする作品です。

原神プレイ雑談配信のお知らせ

原神で鉱石を毎日採集するのが面倒になってきたので、雑談をしながら採集する配信を始めました。初見さん、チャット大歓迎!ゲームやアニメの雑談の他、ご要望があればコーチングやコミュニケーションについての相談も受け付けます。

基本的に毎日20時~23時のどこかのタイミングで配信開始します。開始時間は当日TwitterおよびFacebookにてお知らせします。

よろしければ、下のリンクからフォロー/チャンネル登録をお願いします。

Twitch
Twitch
Twitch is the world's leading video platform and community for gamers.
YouTube
自由の森
自由の森の公式YouTubeチャンネルです。 ゲーム配信をしつつ雑談をしながら、たまにコミュニケーションの相談に乗ったりします。
ゲーム
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
フォローする
株式会社自由の森

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました