夜料理・ナスと挽き肉の味噌あんかけスパ・夜買い出し

駄散文
スポンサーリンク

夜料理

昨夜は週末ということもあり、軽く飲みながら料理をしました。

まずはキャベツチーズ玉です。

キャベツの残りを千切りにして、シュレッドチーズを細かく刻んだら小麦粉と水で生地を作って混ぜ、麺つゆで味付けしてフライパンで両面を焼いたら、コショウを振ってできあがりです。

キャベツとチーズがモチっとした生地に絡んでお酒に合いました。これでついに!キャベツ1玉を使い切りました。1週間キャベツを食べまくったので、当分キャベツは食べなくても良さげです。

続いて炒り卵も作りました。

これは卵2個をフライパンでポロポロになるまで混ぜ続けるだけです。最近はオムレツばかり作っていたので、たまにはより雑に作れる炒り卵を作りたくなったのでやってみました。

味付けはシンプルに醤油とコショウのみです。簡単かつ美味しいので手軽につまみが欲しいときはアリですね。

他にもツナ缶をフライパンで炒めて水分を飛ばしたツナマヨなどいくつか作りましたが、写真を取り忘れました。最近は飲みながら料理をするのが本当に楽しくてやめられません。

ナスと挽き肉の味噌あんかけスパ

昨日作った味噌あんかけが結構美味しくできたのと、今日は青椒肉絲風にしようと思ったら使おうと思っていたピーマンがダメになっていたので、急遽ナスと挽き肉で味噌あんかけスパゲティを作りました。

まず、ヘタを落として半分に切ったナスをピーラーで皮を剥き、8mm角に切っておきます。ニンニクをスライスしてオリーブオイルでナスと一緒に炒めます。

お湯が湧いたらスパゲティを茹でつつ、挽き肉をフライパンに投入します。挽き肉の色が変わってきたら弱火にして、片栗粉大さじ1、水80mL、味噌・醤油・みりん各大さじ1/2で水溶き片栗粉&味噌ダレを作っておきます。

茹で時間が残り2分を切ったら水溶き片栗粉ダレをフライパンに混ぜながら入れて、強火にしてとろみを付け、茹で上がったスパゲティと混ぜたらできあがりです。味見をしたら少しボヤッとした味だったので、コショウを振りました。

ナスの味噌炒めをヒントにしたので、思った通り味噌とナス、肉の相性がバッチリで美味しくできました。

夜買い出し

今日は夕食後に、自転車でブランチ南部市場のAVEに買い出しに行きました。17時30分くらいでもう外が真っ暗だったので、ゆっくりと安全運転で向かいました。

なくなりつつあったツナ缶が1缶あたり100円以下だったので補充したのと、昨日の記事に書いた通り油淋鶏を作りたいので、鶏もも肉1枚と、揚げ油用のキャノーラ油を買ってきました。

キャノーラ油は一番大きな1300mLのボトルを買えばお得だと思っていましたが、なんとなく思った値段と違ったのでよく見てみると、実は1000mLのほうがお一人様3本までになっていて安いことに気づきました。とりあえずお試しで1本買ってきました。思い込みだけで数字を読まないと損をする例が身近にあって、ちょっと感動しました。

あとはレモンサワー用のレモンですが、いつもはカリフォルニア産なんですが、5個入りで使い切るのに時間がかかるので、瀬戸内産の4個入りの袋にしました。こういうのも習慣で盲目的に選んでしまいがちですが、よく考えると値段はそれほど変わらず、品質と使いきれるかどうかも大事なのでいい勉強になりました。

セロリも必需品なのでゲットしましたが、やっぱり鶏皮がありませんでした。来週は業務スーパーやオーケーストアも見てみようと思います。ちなみにオーケーはセロリを置いていないんですよね。

私の大好物、鶏皮のセロリ炒め復活を夢見て、鶏皮を探す旅を始めようと思います。ただ、鶏もも肉1枚とそんなに値段が変わらないので、セロリを使った油淋鶏とか唐揚げに傾倒するかもしれません。

駄散文
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事が面白かったらフォローお願いします!
株式会社自由の森

コメント